占いツクール
検索窓
今日:87 hit、昨日:316 hit、合計:172,076 hit

百二十一話:裁判6 ページ35

NOside





「“__炭治郎が鬼の妹と共にある事を
どうか御許しください
禰豆子は強靭な精神力で人としての
理性を保っています

飢餓状態であっても人を喰わず
そのまま二年以上の歳月が経過致しました
俄には信じがたい状況ですが
紛れもない事実です

もしも禰豆子が人に襲いかかった場合は
竈門炭治郎及び__


鱗滝左近次、冨岡義勇、鱗滝錆兎、鱗滝真菰が
腹を切ってお詫びし
柊Aが頚を切ってお詫び致します”」




Aだけ違う理由は、腹を切る程度では
死なないからだ

詫びるなら長く時間をかけて
苦しみながら腹を切るのだが

Aは鬼呪によって治ってしまう


だから頚を切ってお詫びすると言ったのだ

腹を切るのよりは早く死ぬかも知れないが
自分で自分の頚を切る事は相当な覚悟がないと
出来ない






炭治郎はA、義勇、錆兎の方を見る

自分達の為に命をかけてまで信じてくれた事を
知ったその瞬間__



涙が溢れた





そこで実弥が、納得がいかないと言うような
表情をした


実「...切腹、斬首するから何だと言うのか
死にたいなら勝手に死に腐れよ
何の保証にもなりはしません」

煉「不死川の言う通りです!
人を喰い殺せば取り返しがつかない!
殺された人は戻らない!」


館「確かにそうだね、人を襲わないという
保証が出来ない、証明が出来ない
ただ、人を襲うということもまた
証明が出来ない」

実「!!」


館「禰豆子が二年以上もの間人を喰わずに
いるという事実があり
禰豆子の為に六人の者の命が懸けられている

これを否定するためには
否定する側もそれ以上のものを差し出さなければ
ならない」


実「...っ」




お館様が言う

館「それに炭治郎は鬼舞辻と遭遇している」



その言葉に柱全員が炭治郎を見た


宇「!?そんなまさか...
柱ですらA以外誰も接触したことが
無いというのに...!!こいつが!?」

『...』


宇「どんな姿だった!?能力は!?
場所は何処だ!?」

時「戦ったの?」

実「鬼舞辻は何をしていた!?
根城は突き止めたのか!?」

炭「...」


実「おい答えろ!!」

宇「黙れ俺が先に聞いてるんだ」

『ちょっと、それより炭治郎を放してよ
そんなに頭振ってたら言いたい事も
言えないでしょ』


そこでお館様が人差し指を口元に当てる

柱全員が黙る



館「鬼舞辻はね炭治郎に向けて追っ手を
放っているんだよ、その理由は単なる
口封じかもしれないが私は鬼舞辻が見せた尻尾を
掴んで離したくない」

百二十二話:裁判7→←百二十話:裁判5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (96 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
254人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 愛され , 救済   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

particle e(プロフ) - いえいえ (3月15日 0時) (レス) id: 951567228e (このIDを非表示/違反報告)
来羅(プロフ) - みかんさん» 番外編、楽しんで貰えて何よりです!実は今、このシリーズを書くので手一杯な状態なので新たに作品を書くのは難しいんです...すみません!いつか番外編の内容で話を書けたらいいなと私も思っています。 (3月15日 0時) (レス) id: 6a0971bec3 (このIDを非表示/違反報告)
来羅(プロフ) - particle eさん» すみませんでした!ご指摘ありがとうございます! (3月15日 0時) (レス) id: 6a0971bec3 (このIDを非表示/違反報告)
particle e(プロフ) - 13ページの珠世さんの台詞のところに禰「」って書いてありました (3月14日 21時) (レス) id: 951567228e (このIDを非表示/違反報告)
みかん(プロフ) - 番外編めちゃめちゃ好きなので別の作品として描いてほしいです、、!! (3月12日 16時) (レス) id: 671a807c78 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:来羅 | 作成日時:2019年12月9日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。