占いツクール
検索窓
今日:404 hit、昨日:339 hit、合計:174,915 hit

. ページ24

NOside





居なくなったAの面影を求めるように
ずっと柊屋敷に居た家族と継子二人が
庭に出て鬼と対峙する


炭治郎、禰豆子、義勇、錆兎、真菰
秋人、楓がその鬼の姿を見て驚く





その鬼が此方を見て言う


『ん?なんだ鬼狩りが居たのか
それにしても何?その顔は』




Aだった

Aが居た



だが今までとは違う

鬼だ、完全に鬼と化していた


長い、黒い髪を下ろして後ろに簪を付け
着物を来ている
口には牙が生えていて
瞳には上弦零と刻まれていた

その美しい鬼が冷たい瞳で炭治郎達を見る





炭「Aさんっ!!」

炭治郎が駆け寄ろうとする



それを義勇と錆兎が震える手で止める


錆「...ッ行くな、あれはAじゃないっ」
義「そうだッ、Aはもう...」


炭「何を言ってるんだ!!
Aさんは俺達の家族だ!
帰ってきたなら俺達がちゃんと迎えなきゃ
いけないだろう!!」

禰「う゛ぅーーっう゛ー!」

真「炭治郎...」

秋「...ッ」

楓「師範...ッ」





Aは静かに言う


『何で私の名前を知ってるのかな
もしかして、私の知り合いだった?』

全「!!」




知り合い___なんて軽いものじゃない

俺達は__




炭「家族です!!」


炭治郎が叫ぶ



『家族?君達から血の繋がりは感じないけど?
嘘を言うのも大概にしなよ』


そう冷たく言い放つA

それに全員が泣きそうな、つらそうな表情を
浮かべる




『まあいいや、下らない戯れ言を言いたいなら
好きなだけ言えばいい
どうせ君達は死ぬんだからさ』

全「!!」


その言葉に全員が刀を構える






するとその時___


煉「無事か!」

宇「で、上弦の鬼は__」



他の柱のメンバーが到着した

そしてその柱達がAの姿を確認する


すぐに驚きの表情が浮かんだ




し「Aさん...ッ」

時「...本当に、鬼なんだ」

甘「そんなっAちゃん!!」



『また人間が増えた
まあ別にいいけど』


人が変わったかの様に冷たく言うA
だがその綺麗な笑みはそのままだった

そして、刀を構えないのを見て
Aの周りの空気が変わる





『なんで攻撃してこないの?
君達は鬼狩りじゃないの?
まさか戦いも出来ない腰抜け?

はあ...つまらなすぎる』



その言葉と共に威圧感が増す





すると声がした


実「風の呼吸 壱ノ型 塵旋風・削ぎ」

伊「蛇の呼吸 伍ノ型 蜿蜿長蛇」

悲「岩の呼吸 参ノ型 岩躯の膚」



Aに向けて攻撃が仕掛けられた

.→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (97 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
255人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 愛され , 救済   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

particle e(プロフ) - いえいえ (3月15日 0時) (レス) id: 951567228e (このIDを非表示/違反報告)
来羅(プロフ) - みかんさん» 番外編、楽しんで貰えて何よりです!実は今、このシリーズを書くので手一杯な状態なので新たに作品を書くのは難しいんです...すみません!いつか番外編の内容で話を書けたらいいなと私も思っています。 (3月15日 0時) (レス) id: 6a0971bec3 (このIDを非表示/違反報告)
来羅(プロフ) - particle eさん» すみませんでした!ご指摘ありがとうございます! (3月15日 0時) (レス) id: 6a0971bec3 (このIDを非表示/違反報告)
particle e(プロフ) - 13ページの珠世さんの台詞のところに禰「」って書いてありました (3月14日 21時) (レス) id: 951567228e (このIDを非表示/違反報告)
みかん(プロフ) - 番外編めちゃめちゃ好きなので別の作品として描いてほしいです、、!! (3月12日 16時) (レス) id: 671a807c78 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:来羅 | 作成日時:2019年12月9日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。