占いツクール
検索窓
今日:78 hit、昨日:1,364 hit、合計:214,395 hit

二十五話:待ち合わせ ページ28

Aside




それから数ヶ月が経った


私は数々の任務を難なくこなし
階級も癸から庚へと昇格した

この数ヶ月で色々な人にも会った
中には個性的な人達も居たがそれはまた後に
話をしよう



私は、とある町に向かったいた

任務を終え、しばらく休暇が与えられたので
ある人達と待ち合わせをしていたからだ

日は落ちかけて夕日が辺りを照らす



町が見えてきた
私は駆け足で向かう

そして辺りを見渡す



『確か待ち合わせは西にある橋...ここか』

落ち着かないようにきょろきょろと周りを
見渡していると背後から声がした


「「A!」」

『...!』



名前を呼ばれて振り向く
そこには義勇と錆兎が居た

『義勇ー!錆兎ー!』


私は2人の所へ向かい、2人に抱き付く



『久しぶり!元気だった?
もう全っ然会えなくて寂しかった!』

義「A!?」
錆「お、落ち着け!とりあえず離れろ!」


私は渋々離れる
そして顔を上げると
何故か前より見上げるようになった気がした



『あれ?2人共身長伸びた?
見ない内にこんな大きくなって...』

すると2人は笑う

錆「大袈裟だな」
義「確かに、身長伸びたかもしれない」

『育ち盛りだもんね...
2人の身長わけて貰いたいぐらいだよ
なんか私だけ小さくない?』

義「あはは、そんなに気にすることないよ」
錆「そうだぞ、それにAは小さくても
いいと思うぞ?」
義「確かに」


『私がよくないんだよ!
身長はあった方がいいじゃん?!
身長わけて!』

「「無理だ」」

『即答しないで!?』


そんなやり取りをして
会えない時間を埋めるように
3人で笑い合った









.









大正コソコソ噂話


作者「義勇と錆兎が、Aは小さいままで
いいって思った理由は
抱き付いたりした時に腕の中にすっぽり収まる
のが可愛いと思ったから、らしいですよ?

ね?義勇君、錆兎君」


義/錆「「......」」



作者「照れてますね〜
年頃の男の子だもんね!!」

二十六話:男→←二十四話:架韻と村田



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (62 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
192人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 終わりのセラフ , 救済   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

皇華 - はじめまして! 中の人繋がりで、しのぶちゃんとシノアちゃんのイラスト書いてる変人ですが。 この作品に出合えて幸せいっぱいです! これからもがんばってください。 (1月17日 1時) (レス) id: 153e060ffe (このIDを非表示/違反報告)
たぴ岡(プロフ) - 村田さんとの絡みか?と思った予想が的中した笑 (1月4日 1時) (レス) id: dc2340447c (このIDを非表示/違反報告)
ぱすてーる@YouTube部 所属(プロフ) - 17話の最後の許せないがやるせないになってますよ!これからも頑張ってくださいね! (12月14日 22時) (レス) id: e34ce39cbe (このIDを非表示/違反報告)
来羅(プロフ) - くまさん大好きさん» ありがとうございます!平日は忙しくて中々更新出来ないのですが、更新出来る時に頑張って更新していくので宜しくお願いします! (11月14日 16時) (レス) id: 6a0971bec3 (このIDを非表示/違反報告)
くまさん大好き - とても面白いです!続きが気になる!更新頑張ってください! (11月13日 23時) (レス) id: 84b976fd79 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:来羅 | 作成日時:2019年10月27日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。