占いツクール
検索窓
今日:125 hit、昨日:189 hit、合計:52,975 hit

ページ27

麻痺した筈の耳から聞こえた彼の声。
あぁ、握っていてくれたのは彼だったのか。
重たい瞼を無理矢理開ければ、目の前にはやはり彼がいた。

「...き...やん...?」
「!、スマイル!!」
「な...で...?」
「ごめん、ごめんね、スマイル。...もう、思い出したから。」

思い、出した...?
うっすらと目に涙を浮かべながら言う彼は、嘘をついているようには見えなかった。

「ほん、とに?」
「あぁ。」
「...よかっ、た...。」

それを聞いて、どっと安心感が溢れてくる。
病室に聞こえるシンドロームの音も一定になっていて、どうやら心肺は安定したようだ。
医者達が涙ながらに奇跡だと言ってくれた。
...奇跡、か。
まぁ、確かに、そうなのかもしれない。

「なぁ、きりやん。」
「ん?」
「これからも、ずっと一緒にいてくれるか?」
「...もちろん。」

まだ少しだけ痛む体を動かして、彼の唇に口付けた。
面食らったような顔をした彼が、もう一度俺にキスをするまで後__

____________________

Yuriさん、リクエストありがとうございました!
リクエスト細かく書いて下さったのに、その細かい部分を表現出来ませんでした...。
broooockさん出せなくてすいません(_ _*))
前書いた忘愛症候群ネタの話と被らないように頑張ったんですけど、ちょっと被った所がいくつか...(--;)
3話連続忘愛症候群ネタで、飽きたよ!!って人がいるかもしれませんが、大目に見て下さい(_ _*))

ご期待に添えたかは分かりませんが、楽しんで頂けたら幸いです!!

泣きはしないから きんとき→broooock→←▽



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
99人がお気に入り
設定キーワード:ワイテルズ , BL , 実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ローゼ(プロフ) - あひろさん» お褒めの言葉ありがとうございます!! (9月21日 1時) (レス) id: f55381ff07 (このIDを非表示/違反報告)
あひろ - 片想いも両想いも、エモエモすぎて感動しました…本当に言葉選びがお上手で…思わず泣いちゃいました() (9月21日 0時) (レス) id: bbc6d491d9 (このIDを非表示/違反報告)
ローゼ(プロフ) - ライクさん» ありがとうございます!w (9月21日 0時) (レス) id: f55381ff07 (このIDを非表示/違反報告)
ライク - ろぉぜさんしゅき… (9月21日 0時) (レス) id: c1d37a3d16 (このIDを非表示/違反報告)
ローゼ(プロフ) - Yuriさん» 楽しんで頂けたようで嬉しいです!あーるの方はもう少しお待ちください...。 (9月18日 20時) (レス) id: f55381ff07 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ローゼ | 作成日時:2019年6月22日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。