占いツクール
検索窓
今日:402 hit、昨日:1,022 hit、合計:122,819 hit

〈41〉※ ページ41

side BLACK



全体重かけてたくせに、ほんと失礼なやつだと自分でも思うけど、さすがにこれ以上迷惑かけれないわ。


ドンッと高地と慎太郎を突き飛ばす。



「う、んっ、ハァハァ…おうぇっ ゲホッゲホッ」



さい、あく。
廊下で吐いちゃうとか、ほんと迷惑。
2人に、かからなかったらいいけど。

なるべく顔を背けてたけど。
視界がボヤけててよく分からない。



「北斗!!しっかりして!
薬?何かいつもと違うやつ飲んだの?」


焦る京本の声に答えたいんだけど全然ダメ。
吐き気が止まんない。


「じゅ…が…ハァハァ……知ってる…っ、あたら…し、やつ…

うっ、!」

「おっとー、セーフ!
もう我慢しなくていいから、吐いちゃいな」


再びせり上がってきたものをジェシーがゴミ箱で受け止めてくれた。


「樹が知ってんだね?
それ飲んだのね?使用用途以上飲んだりしてない?」


フルフルと横に首を振る。


「な、なんで、ちゃんと薬飲んでんのに、こんな具合悪くなるんだよっ」

慎太郎が取り乱した声を上げる。





「とにかく病院行くよ!!」

いつの間にか、高地も着替えて来てて、樹と2人で支えてくれる。

「ジェシーたち、あとで追いかけて!」

樹はそう言いながら、ジェシーからゴミ箱を受け取ってくれて、震えて持てない俺の口元に持っていてくれる。

「新しい薬飲んだって。病院の先生に伝えて。
蕁麻疹も出てるし、何かアレルギーとかかも!」

京本が樹に伝える。

正直、驚く。
そんなことまで知ってんだ。
病気のこと、俺の体のこと。



「え、でも、まさか甲殻類は食べてないよね?
まぁいいや!
北斗、行くよ!気持ち悪くなったらすぐ言うんだよ」

高地がタオル渡してくれて口元を拭く。

汚い。


俺、汚いから離れろって。お前らバカなの?



「寒いでしょ、着てて」



なんでそんなに優しいんだよ。


俺は高地の上着をギュッと掴んで、車に乗り込んだ。



どうせなら意識飛ばしたいんだけど、全身痒くてそうもいかない。
意識飛びそうになると、「北斗!大丈夫だよ、もうすぐ楽になるから」って2人が声をかけてくれる。



怖い。

「うっ。ハッ…ハァハァ」



「北斗!!
北斗、病院着いたから、もう平気だからね」

樹だか高地だか分かんないけど、その声に俺はやっと意識を手放した。

〈42〉→←〈40〉



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (107 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
357人がお気に入り
設定キーワード:SixTONES , 松村北斗 , 病系
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あーちゃん(プロフ) - あぴさん» ありがとうございます!大変嬉しいお言葉ですが、もう既に消してしまってまして...ごめんなさい!その代わりこちらの更新は頑張りますので、よろしくお願いします! (7月8日 23時) (レス) id: fc9b1a9ec8 (このIDを非表示/違反報告)
あぴ(プロフ) - 更新、楽しみにしています!他アカウントで書かれている小説も気になるのですがどこから見れますでしょうか? (7月8日 19時) (レス) id: 26199fe34b (このIDを非表示/違反報告)
あーちゃん(プロフ) - 紡ぎ糸さん» ありがとうございます。中々辛いシーンが続きますが、どうぞお付き合いよろしくお願いします! (7月2日 22時) (レス) id: fc9b1a9ec8 (このIDを非表示/違反報告)
紡ぎ糸 - 凄く、この続きが気になります!あーちゃんさんのペースでいいので、これからも、頑張ってください。応援してます! (7月2日 19時) (レス) id: f3cd696ec9 (このIDを非表示/違反報告)
あーちゃん(プロフ) - れく@ きょもほく同盟@まお大好き?さん» ありがとうございます(><)できる範囲でぼちぼちやって行きますのでどうぞお付き合いよろしくお願いします! (7月1日 13時) (レス) id: fc9b1a9ec8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あーちゃん | 作成日時:2019年6月30日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。