占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:2 hit、合計:8,230 hit

19 ページ20





亮「ほんとにAじゃないの?」




ついに、聞かれた。



そう、何を隠そう私はAだ。


?わかりにくいな、、、まぁ、とりあえず亮が聞いてる人って意味!!






でも、教えてあげない。



だって亮は私との約束を破ったから。


あの日私はずっと待っていた。


でも、、、いくら待っても待ち人は来なかった。





理由は顔合わせの為。



しょうがないってわかってるんだ。



でも、あの日私はずっと待ってたんだよ。


一時間、二時間、三時間。


なんども帰ろうと思ったけど、あとちょっとで来るかもって思って。


ずっと


ずっと待ってたんだよ。



やがて夜が明け、朝陽が差し込んだころ、私は帰った。





忘れられてることに絶望して、

来なかったことに悲しんで、

あなたのことを思って泣いた。




ずっと怒ってた、ずっと悲しかった。


でもそんな感情、彼を見たらすぐにどこかへ吹っ飛んだ。




好きって感情で埋まった心を押し込めて、

少しのいたずらを仕掛けた。



そうしたら、、、好きな人がいると言う衝撃の情報を入手した。


あぁ、もう失恋か。って思ったら、、、



私かよ?!!!!←キャラ崩壊



待って待ってやばい!!


って心の底ダメちゃんこ叫びながらも表面上頑張って冷静を保った。


いや、、、あの時の私ナイス!!



すごい!!















今答えたら。今暴露したら。どうするんだろ。

驚く?喜ぶ?怒る?






『、、、そうだよ。私とあなたが探している人は、同一人物。』

20(吉沢side)→←18(吉沢side)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.3/10 (18 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
72人がお気に入り
設定キーワード:吉沢亮 , 俳優 , 女優
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:パイナップル | 作成日時:2019年4月6日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。