占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:3 hit、合計:9,600 hit

二十三話目! ページ25

その後マチに骨折のとこ見てもらってるんだけど…


マチ「全く、どうしたらこんなにボロボロに折れる訳?」


夢主「仕方ないでしょ!普通じゃない弾幕当たって強力な力で殴られた(?)んだから!」


今思えばどっちも霊夢のせいじゃん!

もーS組とやりたくないー

A組の方が…


シャル「ハハハ、治るのに結構かかりそうだねw」


夢主「笑い事じゃ無いんだからー…」


パク「あ、思い出したわ、あの霊夢達と戦ってた子ね」


夢主「そー、霊夢は容赦ないんだから…」


ヒソカ「それはボクも戦ってみたいねぇ♦」


えっと…ピエロ…?

そういえばマチがヒソカって言ってた気がするけど…


夢主「ヒソカ…」


ヒソカ「覚えてくれているとは嬉しい❤というか教えてなかったハズだけど♠」


合ってた、教えてもらってないけどね


マチ「アタシらが教えた。後、Aに手ぇ出すんじゃないよ(殺気)」


マチ…


ヒソカ「怖い怖い♣それだけ大切にされているんだねぇ♦ますます興味が湧いちゃうよ❤」


大切にされてる…か、

出会って間もないのに…なんでだろ

後でクロロに聞こ


ノブナガ「ただいまぁ!」


シズク「あ、おかえり、ノブナガ、フィン、ウボォー、コル、ボノ、団長」


??「なんだ?このちびっこいのは」


夢主「あ、私?」


??「それ以外に誰がいるんだよ」


夢主「いや、フェ…なんでもないです。私はA=ローレシア」


フェイ「お前、今ワタシのこと言おとおもてたか?」


夢主「いやなんでもない」


フェイ「拷問してやろか?」


夢主「やってみろ!」


シャル「やめなよ、A、骨折中だろ?フェイもかっかしない」


骨折…あ、忘れてた…

ッチ、骨折なかったら戦ってたところだったのに!


フィン「俺はフィンクスだ」


夢主「え、スフィン◯ス?」


フィン「ちげーよ、フィンだフィン」


夢主「よろしくね、フィン」


私は謝らないスタイルなのだ!


ハッハッハー


フィン「…おう、よろしくな」


コル「僕はコルトピ、コルって呼んで」


夢主「よろしくねーコル」


えーなんかめっちゃ可愛く見えるの私だけ?

髪結びたい、髪


ボノ「俺はボノレノフ、ボノだよ」


夢主「ボノ、よろしく!」


クロロ「自己紹介は一通り終わったか?」


夢主「一部忘れてるけど大丈夫」


旅団員の心の中『え、俺/私/僕忘れられてないよね?』


クロロ「…(汗)そうか、じゃあフィン、パク、夕飯の食材盗ってこい」




中途半端で次回にゴー

二十四話目!→←作者からのお願い



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:HUNTER×HUNTER , 東方project , 学パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*三日月* | 作成日時:2018年8月18日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。