占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:38,877 hit

弐拾捌 ページ29

.





チュンチュン



貴「ふああああ...」



おはようございます。
今の時間帯はすっっごく早朝です。

え、なんでこんな早いの?

確かに昨日寝るの早かったよ、
それでもまだ寝たかった!!!

だけど冨岡さんに叩き起された。

なんであんな早く目覚めるの?おじいちゃん?



冨「A、今日は一日中俺を狙い続けろ。」

貴「うおおおおっ、てそれ、どいうことですか?」



随分失礼なことを考えてたから
急に喋りかけられて焦った焦った。

それにしても狙い続けろってどういうことだ?



冨「お前は真剣で、俺を殺るつもりでこい。」

貴「で、でも、それ、当たったら...!」



まさかのそういう意味。

少しでもかすれば怪我しちゃうんだよ?

そうしろと言われても
遠慮、してしまう。



冨「お前は生半可な気持ちでその刀を握ってるんだ。お前はそれで鬼を殺すんだぞ?もっと現実味をもたないとな」

貴「....」



確かに、言われる通りかもしれない。

私はついこの前まで女子高生だったんだよ、
刀なんてもちろん持ったことないし、
それで誰かを斬るだなんて考えたくもないこと。

あれだけ絶対習得すると言っていたのに、
口元からだけだったかもしれない。




貴「お願い、します....!!!」




こうして冨岡さんとの
(ある意味)ドキドキ!スリル満点鍛錬が始まった。




.

続く お気に入り登録で更新をチェックしよう!

最終更新日から一ヶ月以上経過しています
作品の状態報告にご協力下さい
更新停止している| 完結している



←弐拾漆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (61 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
226人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , トリップ , 原作沿い,ギャグ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:みいこ | 作成日時:2019年11月28日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。