占いツクール
検索窓
今日:31 hit、昨日:199 hit、合計:172,581 hit

*12 歌姫 ページ12

.






「 おつかれっしたー。 」







朝はドタバタだったけど、

結局いつも通りに午後の練習を終えて帰ろうとした時。







「 つっかまえた。 」






ぎゅっと腕を掴まれ振り向くと

そこに立っていたのは翔太くん。







そのまま肩を組んできたから、身長に合わせてちょっとかがむ。









「 昨日見つけた? 」

「 昨日? 」

「 歌姫だよ。 」

「 ……あぁ。 」









ふざけてるかと思ったら真剣な顔してこっち見るから








「 いたよ、歌姫。 」







こっちも呼び方を揃えてみた。

翔太くんは目をパッと見開いて、すげーって感心してる。







たぶん歌姫がどうのこうのじゃなくて、俺の諦めの悪さに対してね。







「 で? 」

「 うん? 」

「 その子と仲良くなった? 」

「 まぁ、うん。 」








…うち帰ればいますけど。








「 へー、やるじゃん。俺にも連絡先教えてほしいんだけど。
もっかい聴いてみたい、あの歌声。 」









その言葉にハッとして翔太くんを見れば、やっぱり真剣な顔で。

…これって翔太くんもAちゃんに興味あるってことだよね。

そう考えたら、よくわかんないけどちょっと複雑な気持ちになった。



でも俺は運がいいのか悪いのか









「 連絡先交換するの忘れてた。 」

「 …は?あーもう出たよ。おまえやっぱりどこか抜けてるんだよなぁ。 」









翔太くんが求めているものは持ってない。








暗くなった道を1人、歩く足を速めた。

早くAちゃんに会いたくて。

こういう時、どこでもドアがあればいいのに。






.

*13 心配をかき消すKO→←*11 置き換えの技



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (211 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1352人がお気に入り
設定キーワード:目黒蓮 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

愛莉(プロフ) - ゆきのさん» ゆきのさん!ありがとうございます*。楽しみにしてくださり嬉しいです!ぜひまたお付き合いください〜(*^^*) (1月21日 21時) (レス) id: ada343b87b (このIDを非表示/違反報告)
ゆきの(プロフ) - 第1章とてもお話に引き込まれました(〃ω〃)第二章はどう物語が進んでいくのか今から楽しみです(^^)これからも応援しています!! (1月21日 0時) (レス) id: 4bc2b5818b (このIDを非表示/違反報告)
愛莉(プロフ) - ゆきのさん» 初めまして*。そしてとっても嬉しいコメントありがとうございます…!ゆきのさんにもっと楽しんでもらえるお話になるように頑張ります!:-) (1月14日 21時) (レス) id: ada343b87b (このIDを非表示/違反報告)
ゆきの(プロフ) - 初めまして!作品の世界観がすごく好きです(゚∀゚)これからも応援してます!! (1月14日 15時) (レス) id: 4bc2b5818b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:愛莉 | 作成日時:2021年1月13日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。