占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:45 hit、合計:10,272 hit

2 ページ5

ワイヤレスイヤホン(ヘッドセット)を片耳に装着し、実家に電話を掛ける。
twoコールくらいで応答があった。


「その声は、乱歩さん?」
「君は…! 久しぶりだね 電話したってことはまさか依r「なわけないでしょう」だよね…急にどうしたの?」

「長期の有給が取れたので実家に帰ろうかと思いまして」
「実家って事はつまり探偵社(ここ)に!?」

他に何処が…ってそこにはふれず、えぇっと相槌する。が、そこまで驚く事なのだろうか。そして、兄にも伝えておいて下さいと話を終え、通話を切った。






そういえば、あれから2人ほど社員が増えたらしいがどんな人達なんだろうか。

……嫌な予感がする。
1番新しいのは人虎の少年だと聞いていたが……


そこである人の言葉が脳内で再生される。
“救う側になれ…”




奴は確かにあの人からそう言われたよと話していたが…まさかな。




「あの死にたがりが探偵社にいるわけないですよね…」




車内で虚しく響き渡った独り言は周りの雑音でかき消され、スピードを上げ実家へ車を走らせた。







やがて、探偵社に着くという地点で着信がある。ヘッドセットで応答すると厄介な相手だった。


「俺だ 今どこにいる」
「どこだっていいじゃありませんか 観光で都外にいます」
「そうか…情報さえこちらに提供すればいい話だ」



実家で仕事したくなかったが、こいつの命令を聞かないと後が面倒なので仕方ない。

話によると、裏切り者の情報が欲しいとの事。
ハッキングしてでもいいから情報を入手してくれとの依頼だった。


NOCは私達の他にゴロツキと居るが、極秘で潜入しているためそう簡単にバレないはずなのに…面倒な事になったもんだ。

それに、その方達とは出来るだけ協力したいものだが……何にせよ、この男の口癖は“疑わしきは罰せよ”。何かいい案はないだろうか。



作戦を練っていると、あっという間に車庫に着いた。車を停め、服装を整え玄関へ向かう。

どうやら、久々の再会に少しばかり緊張しているようだ。照れ臭くなった私は想定外の出来事に思わず吹き出すとそのまま探偵社の扉に手を掛けた。

3→←再会する元幹部



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
65人がお気に入り
設定キーワード:【名探偵コナン】 , 【文スト】 , 杏仁豆腐@スガエル   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

杏仁豆腐@スガエル(プロフ) - ルチアさん» すみません、たった今気づきました( ˙-˙ )励みになります。嬉しきお言葉!ありがとうございます (2月6日 13時) (レス) id: 0a35bafc5f (このIDを非表示/違反報告)
ルチア(プロフ) - 面白いです!更新待ってます! (8月2日 5時) (レス) id: 0f75b247de (このIDを非表示/違反報告)
杏仁豆腐@スガエル(プロフ) - 夕霧さん» ありがとうございます!!!励みになります! (7月23日 14時) (レス) id: 0a35bafc5f (このIDを非表示/違反報告)
夕霧(プロフ) - とても面白かったです! 更新頑張ってくださいね! (7月23日 14時) (レス) id: fb8453ace7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:杏仁豆腐@スガエル | 作成日時:2017年6月19日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。