占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:3 hit、合計:2,240 hit

No.7 更衣と自己紹介 ページ8

「私、麗日お茶子!よろしくね!えっと...Aちゃんって、呼んでいいかな?」

『うん!私は神司A。よろしく!じゃあ、私はお茶子ちゃんって呼ばせてもらおうかな』


先程一緒に行こう、と誘ってくれた女の子は、お茶子ちゃんと言うらしい。名が体を表している明るい子だ。



「あ、ここみたいやね!入ろっか!」


と、談話をしているといつの間にかついたらしい。笑って頷いて返事をして、更衣室へ入る。


「あ、もう皆ついてたんだ!Aちゃん!ここにいる皆がA組のメンバーがクラスメートだよ!」


お茶子ちゃんが丁寧に説明してくれる。うん、可愛い。



『ありがとう、お茶子ちゃん!えっと、神司Aです。よろしくね!』


「覚えてるよ!だって二日連続ですっごい登場の仕方してたし!あ、私芦戸三奈!よろしくね、A!」

「個性も凄かったしね!私は葉隠透!これからよろしくね!」

「強く記憶に残る印象だったわ。蛙吹梅雨よ、梅雨ちゃんと呼んで」

「確かにね。ウチは耳郎響香。よろしく、A」

「とても素晴らしかったですわ!私は八百万百です。これからよろしくお願いしますわ、Aさん!」


軽く自己紹介をすると、皆も一人づつ返してくれて、すぐに私を受け入れてくれた。
..皆、いい人達ばかりなのだろう。

まぁ、まだ言えないんだけどね。


「戦闘訓練って、どんな感じなのでしょうか...」

「はやくやってみたいよね!楽しみ!」

「あのオールマイトの授業だものね。ケロケロッ」

「梅雨ちゃんのコスチューム蛙みたい!可愛い!」

「手袋とブーツのみって...大丈夫なの?」

「皆いいな〜!私パツパツスーツだよぉ...恥ずかしい...」

『お茶子、お揃いだね』


各々のコスチュームを着た。皆可愛いし、かっこいい。パツパツスーツと言う部分において私とお茶子はお揃いだった。



「「「お、おお...!」」」

「Aちゃん...!」


『?皆どうした?...って、時間やばくない?行こいこ!』

時計を見てみると、そろそろ集合しないとまずい、という時間だったので、皆で急いで更衣室を出た。



「自覚するのだ!!!!今日から自分は...

ヒーローなんだと!!」


外に出ると、オールマイトが何か言っているようだった。皆もそれと同時位に出てきた。

...これから、始まる。


「さぁ!!始めようか、有精卵ども!!」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

受験終わりました!これからどんどん更新します!

No.8 戦闘訓練→←No.6 ヒーロー基礎学



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (4 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
5人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミカ | 作成日時:2018年2月15日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。