占いツクール
検索窓
今日:71 hit、昨日:123 hit、合計:45,080 hit

#707 ページ32

翔side

Aは俺らの話をよく理解していないようだった。

父親がいるならそれでいいって、確かに1人ではないけれどそういうことが言いたいんじゃない。

そろそろ黙って聞いているのも限界。

翔「Aは何がしたいの?」

A「……」

ほんと、ずるいやつ。

立場が悪くなったらすーぐ黙り込んじゃうんだから。

翔「妊娠報告してくれた時、ちゃんと優しいお母さんになるって言ったよな?Aはそれ達成できてるの?」

黙ったまま、それでも小さく首を振る。

分かっているなら何で…

A「お母さんみたいには絶対ならないって決めたのに、怒ると叱るの違い分からないし…育児書みても書いてることと全然違うし…」

『分からない』

そのループがAが虐待してしまう原因になってしまった、ってことか。

翔「ん、虐待してしまったことはもう仕方ない。でも…これ以上桃ちゃんを突き放していい理由にはならないよ。」

Aは自嘲気味にふっと笑った。

A「言ったじゃん…母親に戻るの苦しい、って…」

それなら、なんでそんなに悲しそうに笑うんだよ…

智「A…じゃあ今は何も考えなくていいから。治療だけ集中してやろうね。」

A「…ん、そうする。」

しばらくこの話は禁句になりそう。

それでAの治療がいい方向へ行くのなら。

#708→←#706



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
127人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

rabbit - 2つに分かれてしまってすみません! (5月18日 23時) (レス) id: 3f2f3af7cf (このIDを非表示/違反報告)
rabbit - 蒼紗仁真さんは毎日のように更新してくださっていて、毎日この作品を読むことが楽しみです!これからも無理をせず、お話を書いてください。応援してます! (5月18日 23時) (レス) id: 3f2f3af7cf (このIDを非表示/違反報告)
rabbit - 移行おめでとうございます!随分前からこの作品を読ませていただいておりますが中々コメントができませんでした。ごめんなさい。 (5月18日 23時) (レス) id: 3f2f3af7cf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蒼紗仁真 | 作成日時:2019年5月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。