占いツクール
検索窓
今日:103 hit、昨日:49 hit、合計:30,945 hit

8 ページ8

買いに行ってこようかな、なんて思いながら寺峰くんの側を離れ、私は次に同好会員、最後の一人のもとへと向かった。向かった、とか書くとこの準備室が広いように思うかもしれないけど、実際は結構狭い。科同が持ち込んだのは机に椅子、あとは本棚がいくつか。中には、到底私には理解し得ない本が沢山並んでいる。「遺伝子学」とか、「鏡の理論」とか。こんな本、学校の先生だって持っていないんじゃないかな。
「・・・杉本先輩、こんにちは。」
『あ、エレちゃん。久しぶりー。』
 狭めの準備室を見渡して考えていた私に声をかけたのは、一年生のエレちゃんだった。私が探すつもりだった、最後の一人。本棚について考えていたからすっかり忘れていたんだけど、エレちゃんを見てようやく思い出した。自分が何をしに来たか。
 エレちゃんの本名は黒川エレ。とても珍しい名前だから、記憶に残りやすい。
エレちゃんは、科同の中では真面目。「常識」の二文字が欠落している科同のメンバーの中で、唯一の常識人とされている。
でも、彼女の凄いところは別にあるんだ。
 ゲームセンターのシューティングゲーム、誰もが一度は見たことがあるよね。画面上の敵に向かって偽物の銃をバンバンと撃つ。当たれば得点が上がって、高得点を出したらゲーム機のランキングに載る。もしかしたら、プレイした人もいるかもしれない。
それがどうしたかっていうと、実はエレちゃんはそのシューティングゲームの達人だ。今までつぎ込んだ金額は相当らしくて、本人でさえもその全容は知らない。三日に一回は学園から少し離れたところにあるゲームセンターで、彼女の姿を見かけるらしい。
で、最近は弓道部からのスカウトがあると聞く。何でかっていうと、「シューティングが得意なら、弓道も得意なんじゃない?」って弓道部の部長の宮川さんが言うから。うーん、何か違うと思うけど。
きっと、弓道部も必死なんだろうね。戦争が間近に迫ってるから。だけど、エレちゃんは弓なんて持ったことがないようだし、弓は結構重いって聞くから、無理なんじゃないかなぁ。

9→←7



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (56 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
46人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 学園戦争 , 部活動対立 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

幻影師(プロフ) - 津季 -つき-さん» 分かりました、三年生ですね!プロフィールは別作品の資料集に記載しますので、こちらには載りません。ご注意ください。 (4時間前) (レス) id: 4ec999500a (このIDを非表示/違反報告)
幻影師(プロフ) - 津季 -つき-さん» あ、募集キャラではなく、私のオリジナルキャラクターの方です。すみません、私の方はこちらの都合上、変えることが難しいものですから・・・。 (4時間前) (レス) id: 4ec999500a (このIDを非表示/違反報告)
津季 -つき-(プロフ) - 幻影師さん» それから、学年は三年でお願いします! (5時間前) (レス) id: 06a9187ae1 (このIDを非表示/違反報告)
津季 -つき-(プロフ) - 幻影師さん» 大丈夫です!被ってましたか……、他キャラのプロフィールに見落としがあったのかもしれませんね。すみませんでした! (5時間前) (レス) id: 06a9187ae1 (このIDを非表示/違反報告)
幻影師(プロフ) - 津季 -つき-さん» はい、空いてます!ただ、性格が別のキャラとかぶっているので、少し変更されるかもしれません。大丈夫ですか? (8時間前) (レス) id: 4ec999500a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:幻影師 | 作者ホームページ:http://adcadcadc  
作成日時:2016年5月14日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。