占いツクール
検索窓
今日:70 hit、昨日:73 hit、合計:35,196 hit

14 ページ14

「ここに来る時、下で高等部一年の奴らが騒いでたんだよ。理科室付近から煙が出てるって。で、こいつらに問いただしてみたら紙を燃やしたって言うじゃねぇか。これはお灸を据える必要があるから説教してるんだよ。」
馬鹿じゃねぇの、と顔をしかめる本郷くんの横では、三船ちゃんが「では、私は兄さんをやりますから」と宣言した。それに伴って、志樹の顔を蒼白になる。
 そこから先は、お説教タイム。正座させられた二人は、寺峰くんは本郷くんに、志樹は三船ちゃんに叱られていた。本郷くんの方は何度かゲンコツはあったけど筋の通ったお説教で、寺峰くんは反省こそしていないのの、しばらく悪いことはしないだろう。反省はしなよ。
一方山本兄妹は、傍から見て凄かった。最初は困ったような三船ちゃんと余裕ぶっている志樹だったけど、三船ちゃんが何かを言った途端、志樹が青ざめて「もうしません」と謝ったのだ。本当に何をしたんだろう・・・。
『そういえばさ、煙の原因は結局何だったの?』
「名前を書き忘れたせいで0点になったテストを何とかしてくれって言われたんだと。」
 準備室に煙が充満した理由、本郷くんが話してくれたそれは馬鹿みたいなものだった。名前の書き忘れなんて、今頃小学生でもやらない。そう思っていたら、依頼主はまさかの小等部生徒だった。五百円で引き受けたらしい。まぁ、机の中に隠すよりはいいだろうね。
「・・・そろそろ始めようぜ。」
 本郷くんの一言があって、ようやく私達は動き出した。ドア近くにあるパイプ椅子を三人分起こし、文芸部と科学同好会に分かれる私達。科同は右、文芸部は左に座った。志樹は最後まで三船ちゃんの横に座りたがったけど、私の向かいで我慢してもらった。私としては、最後の三船ちゃんの「お願い、お兄ちゃん!」が効いたのだろうと思っている。
「さて、始めようか。」
さっきのシスコンぶりはどこへ行ったか、先程までとは打って変わって志樹の態度は真面目になる。まるでスイッチのオンとオフが切り替わったかのようだ。
その様子に驚きを隠しきれなかった私達だけど、会談を開始した(ちなみに、コーラはカバンの後ろに隠した)。

15→←13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (63 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
43人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 学園戦争 , 部活動対立 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

幻影師(プロフ) - よもぎまんじゅうさん» アドバイスをいただけたのは嬉しいですが、活用できなくてごめんなさい。 (8月24日 12時) (レス) id: 53f0381c40 (このIDを非表示/違反報告)
幻影師(プロフ) - よもぎまんじゅうさん» アドバイスありがとうございます。 ですが、私は普通の小説のように書けることを目指しているので、申し訳ありませんが、行を多く空けることはできません。 (8月24日 12時) (レス) id: 53f0381c40 (このIDを非表示/違反報告)
よもぎまんじゅう(プロフ) - 幻影師さん» 会話と文の間に行を空けたら読みやすくなると思いますよ! (8月24日 11時) (レス) id: 6a924cb26b (このIDを非表示/違反報告)
幻影師(プロフ) - ルカさん» 読みにくかったですか・・・。携帯小説は書くのも読むのも苦手なものですから、行をあまり空けてないんですよね。すみません。 (8月17日 9時) (レス) id: 53f0381c40 (このIDを非表示/違反報告)
ルカ(プロフ) - ごめんなさい…文字が詰められすぎていて読みにくいです… (8月17日 8時) (レス) id: 2e4f0b1721 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:幻影師 | 作者ホームページ:http://adcadcadc  
作成日時:2016年5月14日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。