占いツクール
検索窓
今日:69 hit、昨日:73 hit、合計:35,195 hit

12 ページ12

結局、月島先生は水を買った。給水機で飲めば良かったのに、とか思うけど口には出さなかった。何でかっていうと、言おうとした時に月島先生がこちらを向いたから。
「杉本、どれがいい?」
『何がですか?』
「飲み物だ。」
質問を質問で返すな、なんて言いながら、月島先生はどこからか取り出した千円札を自動販売機に突っ込んだ。
コーラのボタンを押して、出てきた商品を片っ端から私に押し付ける。いくつか落としそうになって冷や汗が出た。
何でコーラが欲しいって分かったんですか、と私。だってさっき俺に勧めただろ、と月島先生。どうやら、私がコーラを飲みたがっているのはお見通しのようだった。
『ありがとうございます。奢りですか?』
「そうだな・・・出世払いで返してくれ。」
『考えときます。』
冗談混じりに談笑しながら無事缶コーラを受け取り終えた私は、落とさないようにゆっくり来た道を戻り始めた。手伝おうか、と言われたけど、辞退した。これくらいゆっくり行けば、きっと皆揃う時間になるだろう。
 月島先生と別れた私は、ルンルンと浮足立った気分で準備室への道を辿っていた。その両手には、六本の缶コーラが抱き締められている。人数分買ってくれたんだ。月島先生ってば太っ腹ー!
『ただいまー!』
閉められていないドアから意気揚々と準備室に乗り込む。
『さっき月島先生に会って、ジュース買ってもらったんだけど・・・何?この状態。』
最初は勢いが良かったが、だんだん尻すぼみになる言葉。
 開いたドアの向こうでは、正座している科同男子二人と、怒っている男女、そして悠々と本を読んでいるエレちゃんがいた。
何これ、と呟いて中に入る。
『本郷くん、どったの。』
「やっと帰ってきたか。遅ぇよ。」
私に「本郷くん」と呼ばれた男子生徒が、不機嫌そうに言った。その隣で、小柄な女子生徒が「お帰りなさい」と笑った。

13→←11



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (63 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
43人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 学園戦争 , 部活動対立 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

幻影師(プロフ) - よもぎまんじゅうさん» アドバイスをいただけたのは嬉しいですが、活用できなくてごめんなさい。 (8月24日 12時) (レス) id: 53f0381c40 (このIDを非表示/違反報告)
幻影師(プロフ) - よもぎまんじゅうさん» アドバイスありがとうございます。 ですが、私は普通の小説のように書けることを目指しているので、申し訳ありませんが、行を多く空けることはできません。 (8月24日 12時) (レス) id: 53f0381c40 (このIDを非表示/違反報告)
よもぎまんじゅう(プロフ) - 幻影師さん» 会話と文の間に行を空けたら読みやすくなると思いますよ! (8月24日 11時) (レス) id: 6a924cb26b (このIDを非表示/違反報告)
幻影師(プロフ) - ルカさん» 読みにくかったですか・・・。携帯小説は書くのも読むのも苦手なものですから、行をあまり空けてないんですよね。すみません。 (8月17日 9時) (レス) id: 53f0381c40 (このIDを非表示/違反報告)
ルカ(プロフ) - ごめんなさい…文字が詰められすぎていて読みにくいです… (8月17日 8時) (レス) id: 2e4f0b1721 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:幻影師 | 作者ホームページ:http://adcadcadc  
作成日時:2016年5月14日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。