検索窓
今日:1 hit、昨日:6 hit、合計:3,618 hit
小さい頃から気弱な性格だった私は、アカツキワイナリーでメイドとして働かせて頂いている今も、それは変わらない。




「君は弱くない。ただ勇気が、まだ持てていないだけだ。」




髪色にも劣らない程の赤色の瞳に一瞬にして釘付けになった。




これは、私と貴公子様の物語。




━━━━━━━━━━━━━━━



attention


・支部で昔書いてたのを引っ張り出してきました

・原作無視してるところあります

・思い付くまま書き殴ってます

・ワイナリー邸の方達もでてきます


以上が大丈夫な方のみ。




━━━━━━━━━━━━━━━執筆状態:更新停止中







おもしろ度の評価
  • Currently 9.73/10

点数: 9.7/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
105人がお気に入り
設定タグ:原神 , gnsn , ディルック   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:痛いの我慢するから。 | 作成日時:2022年5月6日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。