検索窓
今日:24 hit、昨日:68 hit、合計:44,050 hit

09. ページ10

.




『⋯⋯っ、』


zm「っは、そろそろ疲れてきたんとちゃう?」



かれこれ、何十分経ったかは分からないがしばらくの間決着がつかないまま時間が過ぎる。

お互い呼吸が荒くなる。疲れが来たようだ。

私だって体力に限界はある。それに私の得意な暗殺の仕方は裏取り。だからこそ、こんなふうに正面だって闘うことは少ないのだ。


そんな時、彼の刃物が私の頬をかする。



zm「⋯⋯チッ」



その時、わずかに彼のバランスが崩れたのが分かった。生憎、私は動体視力はいい。一瞬の隙さえ見逃さない。

そのままバランスを崩した彼の足元を狙って体制を低くする。



zm「⋯⋯ッ!?」



それには彼も驚いたのか、彼の動きが一瞬鈍る。その時に彼の握っている刃物を足で蹴り落とす。

そして後ろの回り込んで、首元に刃物を突きつける。彼は今、刃物も持っていない。完全に私の有利。






zm「⋯はー、負けたわ」


するとゾムさんは敗け、とでも言うかのように両手をあげる。

それに私は突きつけていた刃物を下ろして、ゾムさんは解放する。



ut「おぉーっ!スゲェ戦いやったで!」



大先生が顔を輝かせながらそう言ってくる。
⋯はぁ、良かった、勝てて。



でも、なんだろう。この快感。


やっぱり本気の殺意で戦うとこんなに楽しいんだな。



私はこの時、初めて笑えたかもしれない。



『⋯⋯はー、やっぱり堪らないですよね⋯殺意って』


ut「⋯え、あ⋯⋯そ、やなぁ」



大先生は顔が赤い。⋯⋯風邪でも引いたのか?




zm「ッ⋯⋯は、お前、やっぱ面白ぇな⋯⋯俺が負けたからお前のことは認めたる⋯⋯やけどな?いつか俺が絶対に勝つんやからな?」




と、ゾムさんは言った。

これで何とか、最初の難関は乗り越えることが出来た。




______次は。皆と仲良くならないといけない、のかな。




.

10.→←08.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (295 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
669人がお気に入り
設定タグ:d! , wrwrd! , 軍パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さくらんぼ双子(プロフ) - のん(GM組推し)さん» 神!?そんなそんな、ありがとうございます!!期待に応えられるよう頑張っていきます! (6月7日 20時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
のん(GM組推し) - さくらんぼ双子様あなたは『神』なのですか?どの作品も面白いです。頑張ってください‼ (6月7日 20時) (レス) @page14 id: 2d87d65452 (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - ゆいさん» 他の作品も見てくださっているなんて!ありがとうございます!!更新は気まぐれですが頑張りたい所存であります!! (5月15日 3時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
ゆい - さくらんぼ双子様の作品どれも面白いです!こういう軍パロ見たかったのでありがとうございます!(?)更新頑張ってください! (5月15日 3時) (レス) id: a26aa147cb (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - シュークリームさん» 面白いと言っていただけて嬉しいです(*^^*)更新頑張ります!! (4月30日 19時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらんぼ双子 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2022年4月17日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。