検索窓
今日:24 hit、昨日:68 hit、合計:44,050 hit

08. ページ9

.



『⋯⋯条件って、どういうことですか?』


私がそう聞くとゾムさんはニヤニヤとしている。


zm「せやなぁ⋯











───俺と一対一で戦え」


『⋯戦う⋯⋯?


ut「何言っとんのや!Aは腕怪我してんねんで?」


zm「大先生⋯なんで敵を庇うん?それに、暗殺が得意なんなら腕の1本怪我してるくらいで戦えんことないやろ?」


『⋯⋯』


ゾムさんは刃物を握ったまま、話す。
きっと戦うってのも本物の刃物なんだろう。


zm「ここじゃ、アレやし⋯⋯とりあえず移動するわ」


と、連れていかれた場所は_____。


広い訓練場。
障害物はなく、多分手合わせなどに使うのだろう。




zm「ほら、コレ」




パッ、と手渡されたのはギラギラと鈍く光る刃物。刃はギザギザとしており絶対に切れ味が悪いだろう。これを暗殺で使うなんて⋯なかなか悪趣味だな。



ut「⋯⋯」


zm「んじゃ、時間は無制限。俺に1回でもかすり傷を付けれたらお前の勝ちや。ま、俺はお前ん事殺す気でやるけどな?」



フードを被り、目元がよく見えないがきっと彼は怪しく微笑んでいる。

大先生は何も口出しができないのか腕を組んだまま私を見つめている。



zm「じゃ、」



その一言、一瞬で目の前から彼は消えた。

いや、違う。後ろから視線を感じる。回られた。

私がサッと、交わした時鈍く光る刃物が首すれすれを通る。
あーこの人⋯本当に殺る気だ。


じゃあ私も、本気で殺らないと。
たとえ腕が折れたとて何回も経験はしているからそこまで支障はない。



zm「あー俺、まだ体鈍っとんわぁ⋯⋯もう少し体動かすか」



大丈夫だ。かすり傷さえ付ければ私の勝ち。
そのくらい⋯⋯簡単だ。




.

09.→←07.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (295 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
669人がお気に入り
設定タグ:d! , wrwrd! , 軍パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さくらんぼ双子(プロフ) - のん(GM組推し)さん» 神!?そんなそんな、ありがとうございます!!期待に応えられるよう頑張っていきます! (6月7日 20時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
のん(GM組推し) - さくらんぼ双子様あなたは『神』なのですか?どの作品も面白いです。頑張ってください‼ (6月7日 20時) (レス) @page14 id: 2d87d65452 (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - ゆいさん» 他の作品も見てくださっているなんて!ありがとうございます!!更新は気まぐれですが頑張りたい所存であります!! (5月15日 3時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
ゆい - さくらんぼ双子様の作品どれも面白いです!こういう軍パロ見たかったのでありがとうございます!(?)更新頑張ってください! (5月15日 3時) (レス) id: a26aa147cb (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - シュークリームさん» 面白いと言っていただけて嬉しいです(*^^*)更新頑張ります!! (4月30日 19時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらんぼ双子 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2022年4月17日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。