検索窓
今日:112 hit、昨日:621 hit、合計:114,027 hit

#6 ページ7

.



ci「あ Aさんとシャオさん⋯ってなんで手繋いでるんですか!?」


sha「こんくらいええやろ〜?」


リビングに行くと朝ごはんの準備をしていたチーノくん。チーノくんは料理上手いからなぁ⋯。



『ごめんね チーノくんに任せちゃって…私も当番なのに⋯⋯』


ci「いえ!大丈夫ですよ!でも次は一緒にしましょうね!」



なんて明るく言ってるけどニヤニヤと笑っている。これは絶対違うこと考えてんな⋯⋯←

今日はコイツらのせいで朝ごはんの準備間に合わなかったし。チーノくんに迷惑かけちゃったな⋯。

そう。一応メンバーで色々当番分けをしている。
朝食や昼食、晩食を作るのは私とチーノくんとロボロくんになっている。
その他にも掃除はゾムとかトントンくん。
こんな感じで他のメンバーも当番制になっているのだ。

だからこそ当番に遅れるわけにはいかないのに。
昼食は間に合わせるようにしないとな。




zm「おー!美味そ〜!⋯なぁ?トントン」


tn「あっ⋯⋯そ、そうやなぁ」


ゾムはトントンくんにいっぱい食べさせるの好きだからなぁ⋯。トントンくんも察したような顔してるよ。



kn「あれ⋯⋯神居なくね?」


rbr「あ、ほんとだ〜 まぁ朝弱いみたいだし⋯⋯」


ut「あ、じゃあ誰か起こし行く?」



確かに辺りを見回してもペ神は居ない。ロボロくんの言うとおりペ神は朝弱いからな⋯。でも起こしに行かないのも朝ごはん冷めちゃうし⋯⋯。



『じゃあ私、起こしに行ってくるよ』


rbr「そっか。ありがとね!」


ut「え⋯⋯A、襲われんなよ?」


『うん。大丈夫、大丈夫』



と言って私はペ神の部屋に向かう。と言うか……大先生に「襲われんなよ?」っていう言葉がよく出てくるね。むしろ大先生のほうがそういうことしそうなんですが⋯。

なんて考えているとペ神の部屋に着いた。







コンコン


ドアをノックしても何も返事はない。多分まだ寝てる。


『あれ、鍵開いてるんだ⋯』


私は起こすためにドアを開け部屋に入った。



sn「ん〜⋯⋯?あ、A?」




.

#7→←#5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (352 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
717人がお気に入り
設定タグ:wrwrd! , d! , 愛され
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さくらんぼ双子(プロフ) - 海さん» 神作品と言っていただけ大変嬉しいです!舞ありがとうございますwm(*_ _)m (7月23日 22時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
- 神作品だヽ(・∀・)ノさくらんぼ双子様の為、舞を舞おう( ^∀^) (7月23日 21時) (レス) id: 723343f6c9 (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - える@脅威推しさん» わぁ⸜(*ˊᗜˋ*)⸝ありがとうございます!! (7月10日 10時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
える@脅威推し - 更新だぁい!最初から見てしまった…w (7月10日 4時) (レス) @page22 id: e5ffed06b8 (このIDを非表示/違反報告)
える@脅威推し - さくらんぼ双子さん» 投票します! (5月25日 14時) (レス) id: b73a7fac54 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらんぼ双子 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2022年3月28日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。