検索窓
今日:38 hit、昨日:183 hit、合計:112,819 hit

#14 ページ15

.


kn「はっ!?俺が先や言うたやん!⋯ゾムがするんなら俺もええよな?」


するとコネシマは私の手を握り指を絡めてくる。そのまま絡めた指をコネシマは舐めていった。


『っ、!?は、待っ』


ゾムは私の首にキスしてくるしコネシマは私の指にキスをしてくるし!!
正直パニック状態なんですが!?



rbr「⋯⋯ちょっと待ったァァーー!!」



ロボロくんが近づいてきてゾムとコネシマを(力ずくで)引き剥がした。
ロボロくん強いな⋯。


zm「なんするや、ロボロ!」


kn「これは命令やろ?」


rbr「⋯だ、だとしても!流石にAちゃんが可哀想や!」


もうちょっと早く止めて欲しかったな。
なんて思いながら私はとりあえず落ち着いた。


ut「えー⋯Aちゃんのあの表情もっと見たかってんけどな⋯」


『何言ってんのかな?大先生⋯?』


kn「⋯ま、ええわ じゃ次行こうぜ!」


コネシマのその発言で皆がまた割り箸を選ぶ。私は5番。
そして王様は⋯⋯____。


os「あ、俺!!」


次はマンちゃんのようだ。当たらなければいいけど⋯。


os「じゃ〜⋯1番と7番手を繋ぐめう〜!」


良かった。当たらなかった。ひとまず安心した私。


rbr「あ、俺1番〜」


sn「俺、7」


kn「おっ、男同士か!頑張れ〜」


ロボロくんとペ神のようだ。でもまぁ2人はもとから仲良いし⋯それに男好きなペ神なら大丈夫だろうなぁ。


sn「じゃ、やるか〜」


ペ神が「ん」と言いながら手をロボロくんに差し出す。ロボロくんちょっと顔赤いのなんで⋯?


『⋯⋯可愛』


em「えっ?」


隣に居たエミさんについ聞こえてしまったようだ。いやでもちょっと可愛いって思っちゃった⋯。


rbr「⋯これでええやろ!」


ロボロくんがぎゅっと手を繋いで照れたように言った。


ut「はい、次々〜!!」


全く興味がなさそうに大先生はそう言って割り箸を選ばせる。

さて次は⋯?



shp「あ、俺っす!王様」



王様はショッピくんみたいで私は4番。


shp「じゃあ〜10番に4番の人から抱きついてくださ〜い」


⋯____また私かよ←
てか、今度は私の方から抱きつくの?


em「俺10番です!!」


『私、4番』


em「えっ、Aさんですか!?」


tn「えーエミさんええなぁ」


rbr「王様の人Aちゃん当てすぎちゃう?」


そんな声の中エミさんがニコニコ顔で待っている。

私の方から抱きつくって⋯⋯。



.

#15→←#13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (350 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
720人がお気に入り
設定タグ:wrwrd! , d! , 愛され
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さくらんぼ双子(プロフ) - 海さん» 神作品と言っていただけ大変嬉しいです!舞ありがとうございますwm(*_ _)m (7月23日 22時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
- 神作品だヽ(・∀・)ノさくらんぼ双子様の為、舞を舞おう( ^∀^) (7月23日 21時) (レス) id: 723343f6c9 (このIDを非表示/違反報告)
さくらんぼ双子(プロフ) - える@脅威推しさん» わぁ⸜(*ˊᗜˋ*)⸝ありがとうございます!! (7月10日 10時) (レス) id: b167e19be9 (このIDを非表示/違反報告)
える@脅威推し - 更新だぁい!最初から見てしまった…w (7月10日 4時) (レス) @page22 id: e5ffed06b8 (このIDを非表示/違反報告)
える@脅威推し - さくらんぼ双子さん» 投票します! (5月25日 14時) (レス) id: b73a7fac54 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらんぼ双子 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2022年3月28日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。