占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:8 hit、合計:1,382 hit
むかしむかしの、お話です

あるところに、とても大きな国がありました

その国は、半分以上を森に囲まれていました

その森には、とても恐ろしい化物(バケモノ)がいる、と言い伝えられています

ある時、その国の小さな村で男の子が生まれました

男の子は、すくすくと成長し、村で一番背が高くなりました

少年は青年になると、その国の大きな都市に行くことになりました

この国の国王の城の騎士団に入るためです

青年はそこで、二人の青年と友達になりました

三人は、瞬く間に有名になりました

ある年の暮れ、そんな彼らの元にとある命令が下されました

《森にいる化物(バケモノ)を捕らえてきなさい
抵抗するなら、殺しても構わない》

と、国王は笑って言いました

三人の青年は、準備を整え、出発しました

人々は、彼らはきっと帰ってこられない、と思いました

なにせあの森は、化物(バケモノ)の呪いがかかっている

一度入ったものは出られない、と_____

⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰
掛け持ちです…
文章力がないですが、頑張ります!
※wなどの表現があります執筆状態:連載中















おもしろ度の評価
  • Currently 9.10/10

点数: 9.1/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:ファンタジー , オリジナル , 弥亞 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

中島詩乃(プロフ) - 雷雅さん» コメントありがとうございます。忙しいので休日の更新が多いですが、頑張りたいと思います! (10月13日 21時) (レス) id: cb50c70c35 (このIDを非表示/違反報告)
雷雅 - 更新頑張ってください! (10月13日 21時) (レス) id: e8ca574508 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:中島詩乃 | 作成日時:2018年5月27日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。