占いツクール
検索窓
今日:369 hit、昨日:399 hit、合計:198,580 hit

07 ページ8

ル「んじゃあ!新しい仲間に!!」


『かんぱーーーい!!』



…って、新しい仲間ではないけど…!!

BBQをしながら、皆は私の作ったお酒を飲んでくれる。



ナ「あらっ!このカクテル美味しいわ!」

ル「酒が甘ぇ!!!サンジ!俺これなら飲めるぞ!!」

サ「酒作ったのは俺じゃねぇよ!Aちゃんに言いやがれ!」

ル「おめぇ酒作れるのか!!すげー!!」



なんか…皆、こんなにオーバーに美味しいって言ってくれるなんて…嬉しいな。

私のいた世界じゃ…

美味しいって言ってくれる人の方が少なかった。


いただきます。

ごちそうさま。


それを笑顔で言ってくれる人も、あまりいなかった。

でも、やっぱり作る身としては、こうやって笑顔で美味しいって飲んでくれると作りがいがある。


それに…



「私、こんなに楽しい食事初めてです」

ウ「え?そうなのか?」

「もう2年くらい、一人暮らしだったので…」



仕事も忙しかったし、誰かとご飯を食べる機会も少なかったもんなぁ。

実家にいた時も、静かだった。

会話も無かったし…ただ、生きる為に必要な行為をしてるだけ、って感じ。



ル「サンジー!!!肉!!」

サ「ちょっと待て!!!」

ナ「ねぇAちゃん!お酒おかわりもらえる?」

ウ「あ!おいルフィ!!俺の皿から取るなよ!!」

チ「サンジィー!俺も肉!!」



だから、こんなに騒がしくて、楽しいご飯、初めて。


思わず笑いが零れちゃう夜も、

美味しいと言われる嬉しさも、


全部全部、初めて知った。


最初は怖い人たちだと思ったけど…



「私、ここに来てよかったです!」

ル「…!にっしっし!!そぉーか!よかった!」



ルフィさんは満面の笑みで私を見て、肩を組んでくれる。



ル「ほら食え食え!!肉はやらねぇけど!」

「あはは、ありがとうございます!沢山食べなきゃね」



中心で笑っていると、ふと少し離れたところにいる…

ゾロさんと、目が合う。

なんだか、かっこよくて、目が離せなくて。


すると、ゾロさんは私を見て、フッと優しく笑いかけてくれた。



「…!」



ゾロさんが笑ってるところ、初めて見た…。

笑いかけられた瞬間、ドキッとしたのは…


言うまでも、ない。

08→←06



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (326 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
660人がお気に入り
設定キーワード:ワンピース , ONEPIECE , ロロノア・ゾロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミナ(プロフ) - クソウ…終わった…(T_T) (8月31日 14時) (レス) id: 40552a2b29 (このIDを非表示/違反報告)
半分ニートガール(プロフ) - とても、美しい物語でした! (8月30日 0時) (レス) id: 94956eabef (このIDを非表示/違反報告)
明煌羅(プロフ) - 切なくて、キュンとしました! (8月29日 18時) (レス) id: e8cddd2bcf (このIDを非表示/違反報告)
ぽ。(プロフ) - セツさん» セツさん初めまして!コメントありがとうございます(^^)キュンキュンしていただいてなによりです!次回作のお知らせ、本日上げさせていただきますので是非お立ち寄りくださいませ!(;_;) (8月26日 20時) (レス) id: 057c7595e7 (このIDを非表示/違反報告)
セツ(プロフ) - お疲れ様でした。とてもキュンキュンさせて頂きました!次回作はあるのでしょうか…?もしあるのなら、楽しみに待ってます! (8月24日 22時) (レス) id: 387ee06ba6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽてこ | 作成日時:2019年8月19日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。