占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:44 hit、合計:1,177 hit

秀太の部屋 ページ4

ガチャ

秀「入って」

「えっと、うんっ」

目の前にあったベットに腰をかける

秀「荷物の整理はゆっくりやればいい。」

秀太もベットに腰をかけながら髪をかきあげた

そういうを見ると大人の色気を感じる

秀「ん?」

「あ、いや、、」

秀「なんか疲れたろ?布団に入ってていいよ」

「うん」

そういうと秀太は部屋からでてコーヒーとココアを持ってきてくれた

秀「ん」

差し出されたココアを飲み眠たさからか秀太によっかかる

秀「んー?眠い?」

「えっと、、ごめんっ、、」

秀「いーよ。そのままで」

「ありがとう、、」

そのままスヤスヤと眠ってしまった

秀「ほんと素直だな、、。横にしてやるか」

秀太は頭を撫でながら片手だけ蒼羽の体に置き

眠りについた

目の前に居るから→←秀太の家



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
25人がお気に入り
設定キーワード:末吉秀太 , AAA , 切ない、メン入り   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:末吉柊 | 作者ホームページ:http://AAABIRD  
作成日時:2018年5月2日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。