占いツクール
検索窓
今日:90 hit、昨日:7 hit、合計:24,067 hit

8話 ページ10

イク:こんなに肯定してくれるなんて思わなかったから嬉しい。


今、満面の笑顔なんだろうな。
お面がなかったら、きっとそうだ。


無表情なことも多いが、メンバーといる時は笑顔。



言うならば、こいつの表情は0,100%なんだ、いつも。



両極端。




イク:やっぱりみんなのこと好きだな。じゃ、行こうか。みんなもいい?行くで?




そんで、表情と一緒で行動もそうだ。


基本気だるげで面倒くさがり屋だけど、仕事の時やテンションの高い時は猪突猛進。


キャラ崩壊って言葉の化身だと思う。




シルク:躊躇いがないなww


ンダホ:思い立ったらきちじゅつってね


ザカオ:ちきゅじゅつ?


シルク:ちげぇーよ、思い立ったらききじゅつだろ?


ダーマ:訂正すんなら言えてろよ


シルク:お前は言えんのかよー


ダーマ:思い立ったらきちゅじゅつだろ (ドヤ


シルク:どやるんじゃねぇ、言えてねぇよww


ダーマ:言えてんだろ、きちゅじゅちゅ、思い立ったらきちゅじゅちゅ


シルク:言えてねぇよww


ぺけたん:あ、あれ使えば?せっかくお披露目なんだから。あの、シルクの部屋をクラブに出来るやつ。


シルク:あぁ、あれか、え、なんでwww


モトキ:www


ぺけたん:あん時俺いなかったからやってみたい


ザカオ:その場のノリと勢いに任せて


ダーマ:一夜の過ちみたいに言うなよwww

イク:下ネタについで、一夜の過ちって、俺やっぱり世間様に顔向けできないね


マサイ:うまいこと言うなよwww


ンダホ:じゃ、一旦電気消して、取ったらつければいいんじゃない?


シルク:あーね、そーしよ。取ったらつけるってなんか、変わんないよな。主語ないと


ンダホ:www 仮面取ったら電気つける


モトキ:[電気のリモコンを、シルクに渡して]


シルク:じゃ、


机を叩きみんなをみてアイコンタクトをとり



全員:消灯!!



まさか、俺らがやる「集中!」のノリで、
「消灯!!」と、全員が合わせれるとは思わなかったから、揃ってから笑いが込み上げてくる。



ダーマがさっき言ってた通り、今日は俺ら8つ子かってくらいシンクロしてるww


消灯し終えたら、隣にいたイクから耳打ちをされた。



イク:取った。実は人数分おめん持ってきたから渡して。そっちに4枚渡すね。自分がつけたら隣に回して



俺は同内容を隣のンダホに伝え、お面を回した。



点灯の瞬間が楽しみだ。

9話→←7話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.0/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
29人がお気に入り
設定キーワード:男主 , Fischer's , 愛され   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

suga(プロフ) - 奏さん、コメントとご指摘ありがとうございます!励みになりました!使い勝手がままならないので、再度あるかもしれませんが、その都度直したいと思います!本当にご覧頂きありがとうございます。 (12月21日 21時) (レス) id: 39a88c02ba (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 初コメしつれいします!面白かったので一気に読んでしまいました!!これからも御自分のペースで更新頑張ってください。誤字というかミスだと思うのですが名前が活動名と一緒になってしまっています。把握お願いします (12月21日 1時) (レス) id: c5346e137e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:suga | 作成日時:2019年11月17日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。