占いツクール
検索窓
今日:90 hit、昨日:7 hit、合計:24,067 hit

33話 ページ36

マサイ:今まで通りでいいんだろ?人と接する時はコンタクトとかしないでで


シルク:だな。無駄な情報をわざわざ入れる必要ないし、多分それはイクがずっと行ってる癖だしな。


ンダホ:コンタクトとかしてこなかったホントの理由いまさっき知ったけどね。。



今までは人間関係がめんどくさいだけだとばかり思ってた、と、ンダホは言ったが、


ンダホ以外も同じような解釈をしていた。



目に入るもの全て、耳に入るもの全て覚えてしまうなら、


そりゃ、人が多い場所が苦手なことも、コメント欄見ないことも、人と目を合わすこともしなかったのも、



全部それなりに合点がつく。



ぺけたん:そろそろイク起こす?


ンダホ:無理矢理起こすのはどうかと思いまーす


ダーマ:プロ睡魔erが言うなら間違いないな。


ぺけたん:それは語弊生むよ


シルク:水泳選手みたいに言うなよ。プロ睡魔er。


ダーマ:大体はerつければそれっぽくなる

ンダホ:ほんと、眠い時に起こされるのが一番ウゥってなるんだよね


マサイ:俺らはお前を起こす時にウゥってなるわ


モトキ:それだわww


シルク:一次会はここで、起きなかったら二次会は俺んとこでいいんじゃね?


ザカオ:それでいんじゃね?


ンダホ:みんなで準備するの楽しいね

 
シルク:まだ、腰すら上げてねぇけどな



そう言ってから、のそのそと自分たちの、習慣づいてしまった役割にまわる。



マサイは膝掛けをイクにかけ、モトキとぺけとリビングへ行った。


基本、宅飲みの時はこの3人が主力として料理をふるう。


ンダホは編集しなきゃって言ってたが、早速イクの寝顔をTwitterとインスタにあげてる。



ザカオとダーマはテレビ前にたむろしてゲームの準備をせっせとする。



俺は、ダホと同じく編集をする。



おれらが各々することに、誰も文句は言わないし、不満はない。



料理組の負担があるだろとか思ってるだろ?


わかってないな。



料理組は基本的に材料費を払わなくていいんだぞ?
食費が、一番かかることを知ってんのか?



我が家のルールだ。



だから、イクもお酒を買い出してたようだし、ンダホは大量の肉、俺は野菜と魚、ダーマはデザート、ザカオは............ん、何持ってきたんだあいつ。




まぁ、それぞれが必要だと思うものを提供して、3人が調理をする。




さて、今日の主人公のイクはいつお目覚めになられるか。

34話→←32話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.0/10 (9 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
29人がお気に入り
設定キーワード:男主 , Fischer's , 愛され   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

suga(プロフ) - 奏さん、コメントとご指摘ありがとうございます!励みになりました!使い勝手がままならないので、再度あるかもしれませんが、その都度直したいと思います!本当にご覧頂きありがとうございます。 (12月21日 21時) (レス) id: 39a88c02ba (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 初コメしつれいします!面白かったので一気に読んでしまいました!!これからも御自分のペースで更新頑張ってください。誤字というかミスだと思うのですが名前が活動名と一緒になってしまっています。把握お願いします (12月21日 1時) (レス) id: c5346e137e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:suga | 作成日時:2019年11月17日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。