占いツクール
検索窓
今日:64 hit、昨日:119 hit、合計:5,532 hit





思い出を語るのも、いいんじゃないかな?


『理想の家』で生活を続ける九人の
ほんの、ちょっとしたひとときにふと語られる“思い出”
あの時はああだったよね、そういえばさぁ…
話し始めれば耐えることのないおしゃべりを

※CP固定



―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・




『日常茶飯事』シリーズを今回はお題をお借りして
“思い出話”をテーマに

reminiscences→お題一覧
info→いろいろと詳しくはこちらに


不定期更新になりますが、お題を完全消化が目標です

のんびりお付き合い頂ければうれしいです













執筆状態:連載中















おもしろ度の評価
  • Currently 9.81/10

点数: 9.8/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
152人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - Mieさん» お読み頂きありがとうございます。リクエストですが、記載しているように今回はお題を指定したものしか受け付けません。今一度infoをよく読解頂いたうえでお願い致します。 (8月5日 0時) (レス) id: 8d76f9f2b3 (このIDを非表示/違反報告)
Mie(プロフ) - 楽しく読ませていただいております。 個人的なリクエストになってしまうのかもですが、 どこかにひっそりでも良いので、お花見に全員で行って欲しいです。お庭に桜の木ありましたー的なお花見でも。 すみません。突然な失礼なリクエストで。 (8月4日 23時) (レス) id: 0cece1e7e0 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2022年8月1日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。