占いツクール
検索窓
今日:317 hit、昨日:126 hit、合計:44,012 hit

108話 恐怖の石頭 ページ26

「君の顔に文句はない!!こぢんまりしていて色白でいいんじゃないかと思う!!」

「殺すぞテメエ!!かかってこい!!」

「駄目だもうかかっていかない!!」



おでこを赤くした伊之助君と、ケロリとした炭治郎が言い争いをする


あーあー、きれいな顔なのに勿体ない

顔に傷があったらモテるものもモテなくなるぞ


そう思いながら清君たち兄弟と善逸と共に成りゆきを見守る

すると、伊之助君は突然停止し、白目を剥いて倒れてしまった



「うわっ倒れた!!死んだ?ねえ死んだの?」

『頭突きでは死なないよ』

「でもさっきの頭突きしちゃいけない音がしたよ!?」

『ただの脳震盪だよ...多分』

「俺が力一杯頭突きしたから...」



そんな会話を聞いて顔を青くする善逸と清君たち

いや、確かに普通ではないと思うが...なんとなく慣れてきてしまったからなぁ


倒れた伊之助君に近づいて、一応脈を測る

うん、大丈夫生きてる



『んー...善逸、炭治郎、羽織を貸してくれる?伊之助君を寝かせてあげなきゃ』

「えっさっきは聞き流してたけど伊之助君てなに??知り合いなの??もしかしてAちゃん浮気!?浮気なの!?」

『違う違う、最終選別で偶然出会っただけだよ』

「A、その話を詳しく聞かせてくれ!善逸みたいに何かされたわけじゃないだろうな!?」

『なんで二人ともそこに食いつくかなぁ...?』



まず善逸、浮気ってなんだ?私と善逸は付き合ってないからね?そこはちゃんと理解してくれ

そして炭治郎、私はそこまで弱くない

確かに最初は切りかかられたが、そのあとは仲良く(?)歩いていただけだ


炭治郎は心配性過ぎるし、善逸は一周回って女の子になってるぞ


半ば呆れながら貸してもらった羽織に伊之助君を寝かせてやる



「ああそうだ、死んだ人たちの墓を作るのを手伝ってくれないか?

  できれば清君たちもやってくれると助かるんだが...」

「あ、はい!わかりました!」

『じゃあ清君たちはここで穴を掘ってくれるかな?私と...そうだな、炭治郎は一緒に館に来て』



善逸には伊之助君を見ておくことと子供たちを手伝うことを頼んで、炭治郎と中に入る


館のなかは、薄暗く

うっすらと血の臭いが充満していた

109話 謝罪→←107話 頭突き



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
169人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

セブンス・エイカン(プロフ) - マリアさん» いえいえそんな、、、神だなんて、、、あります((申し訳ございませんでしたァ!! (12月16日 7時) (レス) id: c11c2be27e (このIDを非表示/違反報告)
マリア - セブンス・エイカンさん» なにそれ…むりすき…貴方が神か… (12月15日 23時) (レス) id: 3b19aca4c0 (このIDを非表示/違反報告)
セブンス・エイカン(プロフ) - マリアさん» なんと、、、ものすごい偶然!あの、、、ちょっとネタバレになるんですが、、、堀さんこれからかなり絡みます。萌シーンいれようと思ってます。貴方に満足して頂けますように(。-人-。) (12月14日 20時) (レス) id: c11c2be27e (このIDを非表示/違反報告)
マリア - まって、堀さんって私の好きな人の苗字じゃん…出てきた瞬間心臓がギュンッてした… (12月14日 20時) (レス) id: 3b19aca4c0 (このIDを非表示/違反報告)
セブンス・エイカン(プロフ) - トノトノさん» そんな...至福の喜びですッ!ありがとうございます!! (11月16日 22時) (レス) id: c11c2be27e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:セブンス・エイカン | 作成日時:2019年11月11日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。