占いツクール
検索窓
今日:440 hit、昨日:485 hit、合計:359,347 hit

19、おはようエーミールさん ページ21

Aside

朝目が覚めたら、トントンさんとハグをしていて寝ていて、そしてそこからゾムさんにすごい勢いで抱きつかれて…。
そして何故か今目の前では、ロボロさんとゾムさんとトントンさんが言い合いをしている。

な ん で な の 。

どうやって止めたらいいんだろうか…と1人頭を悩ませていれば、ガチャリとドアの音が鳴る。
3人は言い合いをしていて気づいていないので、私がドアの方に向かえば、そこにはベストを着た男の人が立っていた。この方は確か。

『エーミールさん、おはようございます!』
「ふふ、Aさん、おはようございます。」
にっこりと微笑んで挨拶を返してくれるエーミールさん。この人はとても大人しいイメージがある。

「ゾムさんが起こしに行ってからすごく時間がかかってましてね…何かと思っとったんやけど、まあ、こんなんなっとるとは思いましたが…」
本当にこうなってるとはなぁ…と眉を顰めるエーミールさん。
私も同じように困った顔をすれば、エーミールさんは何かを閃いたらしく、私にこっそりと教えてくれる。
その内容は、「エーミールさんが私を連れて食堂に向かう、その際に中の3人に向かって私を連れていく旨を伝える」という内容だった。

『…それで大丈夫ですかね…?』「大丈夫ですよ、じゃあ行きましょ?」エーミールさんに手を引かれて私は外を出る。

「ゾムさん、トントンさん、ロボロさん、Aさんは私が頂いてきますね?」エーミールさんがどこか意地の悪い笑顔を見せて中の3人に言い放った。
そしてドアを閉めると、私に「今日の朝ごはん、なんですかねぇ〜」なんて聞いてくる。

閉めたドアの中からは
「エーミールあぁん!???!?!!」「何街コン大連敗男が抜けがけしとんねん!!!!!」「童貞がしゃしゃってんとちゃうぞ!!!!!!」
という言葉がすごい勢いで聞こえてきたのだった。

「ん〜?なんか言われてますね?皆さん元気やなあ〜」

…気にしてない感じのエーミールさんだったが、涙目だったのは見逃しておいてあげようかな。

20、やっとの事で朝ごはん→←18、おはよう朝だよ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (243 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1042人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , d!
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

雲雀(プロフ) - わらび餅ィさん» なんとも嬉しい言葉…!これからも頑張ります!! (11月28日 18時) (レス) id: 4aed07b718 (このIDを非表示/違反報告)
わらび餅ィ(プロフ) - 雲雀さん» こう言う系あまり読まないからどうだろうとか思ってた自分を殴りたいくらい面白いので頑張ってください! (11月28日 14時) (レス) id: a2949d225d (このIDを非表示/違反報告)
雲雀(プロフ) - わらび餅ィさん» わらび餅さん、返信遅れてしまい申し訳ございません!はわ〜!!ありがとうございます!!これからもどうぞよろしくお願いします!!面白いお話を皆さんに届けられるよう頑張ります!! (11月28日 14時) (レス) id: 4aed07b718 (このIDを非表示/違反報告)
わらび餅ィ(プロフ) - こんばんは!物語面白いからいつも読ませて貰ってます!ランキング1位おめでとう御座います! (11月25日 18時) (レス) id: 41f911fbc7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:雲雀 | 作成日時:2020年11月21日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。