占いツクール
検索窓

神山さんが二重人格の話。

お互いの事は認識していて脳内で会話が出来る。

元々は神ちゃんのストレスが限界突破してともが生まれ、しばらくの間ともが神ちゃんの代役をしていた。

年月と共に神ちゃんが回復し、現在は時と場合によって入れ替わっている。

とても仲良し。

記憶はあらかた共有できている。

ともは自分の存在がメンバーに気付かれていないと思っている。


(大体みんな気付いとるけどなby淳太)
(ともともんちて呼び分けしとるやん(笑)気付けや(笑)by照史)



※貴女様は出てきません。




〈2020.9.18追記〉

このお話を消すか残すか考えますので一旦パスワードをつけて非公開にします。




.

本作品にはパスワードがかかっています。
パスワードを入力して作品を閲覧して下さい。
パスワードが不明の場合は作者の方にお問い合わせ下さい。
 パスワード:  
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Boo | 作成日時:2019年4月16日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。