占いツクール
検索窓
今日:121 hit、昨日:432 hit、合計:219,808 hit

夢じゃなかった!! ページ3

.



はい、坂田 Aです
私の切実な願いはどうやら却下されたようです




「A様、おはようございます」

「おはよ」




気づいたらイケメン巨人に抱っこされてたというあの事件から既に3年の月日が流れ、私は3歳になっていた
夢ならば覚めてくれと何度いるかもわからん神に祈ったものの、ダメだったのだ

そんなこんなで『坂田A』は『奴良A』へとシフトチェンジした
……シフトチェンジか?これ
ジョブチェン?うーん、わかんね

まぁそれは良しとして(良くないけど)
どうやらこの世界には天人はいないらしく代わりに天人みたいな外見した妖怪がいるらしい
……いや、はい、らしいじゃなくて、います
むしろこの家妖怪屋敷です

さっき挨拶してきた首無なんかその名の通り首ないし!
あれでどうやって飯食ってんだよ!!




「よっと」

「!?」

「俺のお姫様はこんな所でなぁにしてんだい?」




背後から突如脇に差し込まれた手でそのまま私は持ち上げられた
どうやら抱っこされたらしい




「お父さん」

「おはようさん、A」

「おはよ」




この人は大変不本意ながら転生的なものをしてしまった私の今世の父で、あの開眼直後イケメンドアップの顔を見せてくれた、奴良鯉伴
相変わらずイケメンである

そもそもだがなぜこの家が妖怪屋敷なのかと言うと、ここは関東の妖怪たちの元締めでもある『奴良組』の総本山だからだ
関東任侠妖怪総元締という極道一家でもある








そりゃね?確かに私もね?
攘夷戦争とか出ちゃってね?
やんちゃしてた時もありますよ
でもさぁ……こりゃあないんじゃないの!?
なにをどう間違えれば妖怪のヤクザ一族の本家の一員になっちゃうわけ!?








え、じゃあ私ってもしかして妖怪になっちったわけ!?とか思った日もあったけれどそんなことは無かったようで
この世に今現在いる血縁者は3人
祖父と両親だ

私の両親、父はこの奴良組の二代目総大将をしているのだが父はまさかの半妖という特殊な人で母は極々普通な人間でした
となると祖父母夫婦が生粋の妖怪と人間の夫婦となるわけで、私の祖父が生粋の妖怪『ぬらりひょん』だった
つまりよく考えてみれば私は、妖怪のクォーターという立場だ



.

+++++→←嘘だろ??



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (94 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
192人がお気に入り
設定キーワード:ぬらりひょんの孫 , 奴良組 , 家族
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ヒカル・ブラックウェル(プロフ) - 面白いです!もう家で声出して笑ってますw更新頑張ってください! (1月21日 8時) (レス) id: a0f4c9fe9c (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - さーちゃんさん» さーちゃん様、コメントありがとうございます!お気に召されたようで嬉しいです!どうぞこれからもよろしくお願いしますm(_ _)m (8月10日 19時) (レス) id: 6fc283c30a (このIDを非表示/違反報告)
さーちゃん(プロフ) - 面白い!ぬら孫大好きです!更新頑張ってください!応援してます! (8月10日 13時) (レス) id: 577dc20b2d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年8月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。