占いツクール
検索窓
今日:736 hit、昨日:5,676 hit、合計:608,843 hit

母子手帳 ページ5

夢主ちゃん妊娠のお話です、嫌な方はスルーしてください。
___________________
深澤辰哉side



もはや恒例となった、Aの家で月イチぐらいの食事会



Aと舘さん、佐久間はキッチンで洗い物とか片付け中。



俺も手伝うか〜って思って立ち上がった時、近くの棚にぶつかった。



バサッ……



「あ、やべっ。」



ノートとか落としちゃって、慌てて片す。



「えっ………?」



あるものを見て思わず固まる。



向井「もー、ふっかさん!なにしてるんです…えっ!?」



渡辺「お前ら、何して…何これ。」



ラウ「えっ……?」



目黒「どういうこと。」



『片付け終わったよ〜って、何してんの?』



「A、これ。どういうこと?」



おれは、Aに“あるもの”…



母子手帳を差し出した。



『っ、返して。みんなには関係ないよね。』



岩本「関係無くねぇよ、なんで母子手帳なんて持ってんの。」



宮舘「俺ら知らなかったんだけど。いつ?」




『それ言って、何になるの。別に終わったことだよ。そんなの知りたい?』



佐久間「メンバー、だろ。」



岩本「俺は知りたいよ。ってか、阿部知ってんだろ。」



照は鋭いな。



阿部「A、話したら?ずっと隠してるのも辛いだろ。」



『…分かったよ。』



全員がテーブルの周りに座って、Aの隣にはあべちゃんが座る。



『っ…妊娠が、分かったのは去年の歌舞伎期間。体調ずっと悪かった時あったじゃん。それで病院行ったら、、、でもっ、大切な時期だったしっ、、、』



やっと思いを打ち明けられて安心したのか、涙がこぼれる。



「1人で抱え込ませて、ごめん。」



『言おうって思ったけど、みんな優しいから…きっと産んでいいよって言うと思って、言えなかった。』



渡辺「あのさ、父親は?」



そんな、ストレートに聞くか?と思いつつ、聞いてくれた翔太に、感謝。



気になってはいたから。



その問いに首を大きく横に振るA。



『知らない。別れてたし……一般人だし。』



目黒「なんで、嘘つくの?」



ずっと険しい顔をしていた目黒が、突然の一言。



『嘘じゃない。』



目黒「一般人なんて嘘でしょ、だって…。」



『だめ、』



なんで、目黒が急にそんなこと言い出したのか、Aがムキになってるのか。



そんな謎は、目黒の次の言葉で直ぐに解けた。

・→←なにわ男子



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (625 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3235人がお気に入り
設定キーワード:紅一点 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

S_1127(プロフ) - このお話1番好きで何回も読み直してます!もしお時間があればドッキリGPのお話書いて頂きたいです!! (10月13日 21時) (レス) id: 45fa4d853a (このIDを非表示/違反報告)
ゆずき(プロフ) - Kanaさん» いつもありがとうございます!結構切なくなりそうです... (10月10日 16時) (レス) id: 5dad6c6827 (このIDを非表示/違反報告)
Kana(プロフ) - 毎回コメすみません!あ〜(T-T)裏側ではちゃんと好きって気持ち忘れてなかったんですね(>_<)切ないです…。今回も胸がぎゅーってなりました(ToT) (10月10日 0時) (レス) id: f3e4f0c0df (このIDを非表示/違反報告)
ゆずき(プロフ) - 思っていた以上に切ないお話になりそうです。それはお楽しみに!ありがとうございます。 (10月9日 22時) (レス) id: 5dad6c6827 (このIDを非表示/違反報告)
凛華(プロフ) - 最高に切なくてでもドキドキが止まりません…!ハッピーエンドになりますように…!これからも更新楽しみにしてます! (10月9日 17時) (レス) id: 8c58893707 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆずき | 作成日時:2019年8月10日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。