占いツクール
検索窓
今日:785 hit、昨日:5,676 hit、合計:608,892 hit

ページ14




運良く、部屋の鍵はかかってなくて、乗り込むと。



目の前にはスタッフさんと、椅子に拘束されてるAの姿。



「Aっ!!!!」



『さくまっ。』



やべぇ、これ俺一人で解決できるか?いやでも、ここでメンバー呼べねぇし、携帯楽屋だし!



頭をフル回転させた結果、




「わぁーーーーーーーーーっ!!!!!!」



俺は叫んだ。
____________________

阿部亮平side


Aが着替えから戻ってこない。


なんなら佐久間が自販機行ってから帰ってこない。



渡辺「2人遅くね?」



宮舘「なんかあったら大変だし、探しいく?」



舘さんの予想当たんないといいんだけどなぁー。



楽屋を出ると、



佐久間「わぁーーーーーーーーっ!!!!!」




「佐久間の声?」



岩本「なんかあったっぽいな。」



宮舘「じゃあ、俺と翔太で警備員さん呼んでくるから、3人先いって。」



深澤「わかった。あと場所知らせる。」



とは言いつつ、さすがに声で場所わかんねぇしな。



岩本「ん?あれ瑞稀と橋本じゃね?」



井上「あ!岩本くん!!!!」



橋本「さっき、ここに佐久間くんいて、叫んでたの見たんですけど…。」



どうやらこの部屋にいるみたい。



深澤「おぉ!!ナイス!!!」



案の定鍵はかかってたけど、舘さんと翔太が鍵も借りてきてくれたから、なんとか入れそう。
______________________


扉が勢いよく開いて、そこには佐久間の姿。



佐久間「Aっ!!!!」



『さくまっ。』



そして、しばらくの沈黙の後、大きく息を吸って




佐久間「わぁーーーーーーーーっ!!!!!」




え?なんで叫んだ??



スタ「はっ、1人で来るとか馬鹿すぎだから。」



斉藤さんは、佐久間に近づいて1発お腹を殴った。



佐久間「うぐっ…っ。」



スタ「今度はちゃんと鍵かけないとな。」



佐久間「くそっ。」



その後も何回か、佐久間のお腹に蹴りを入れるから。



『やめてっ!狙いは私でしょ?佐久間のこと傷つけないで。』



佐久間「ばかっ!俺はいいから。」



スタ「Aちゃんの方から誘ってくれるなんて嬉しいなぁ。」



再び、斉藤さんが近づいてきて、体を触ってくる。



佐久間「Aっ……。」



バンッ!!!!!



阿部「A!」



『…っ、あべ、ちゃん、』

・→←恐怖



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (625 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3235人がお気に入り
設定キーワード:紅一点 , SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

S_1127(プロフ) - このお話1番好きで何回も読み直してます!もしお時間があればドッキリGPのお話書いて頂きたいです!! (10月13日 21時) (レス) id: 45fa4d853a (このIDを非表示/違反報告)
ゆずき(プロフ) - Kanaさん» いつもありがとうございます!結構切なくなりそうです... (10月10日 16時) (レス) id: 5dad6c6827 (このIDを非表示/違反報告)
Kana(プロフ) - 毎回コメすみません!あ〜(T-T)裏側ではちゃんと好きって気持ち忘れてなかったんですね(>_<)切ないです…。今回も胸がぎゅーってなりました(ToT) (10月10日 0時) (レス) id: f3e4f0c0df (このIDを非表示/違反報告)
ゆずき(プロフ) - 思っていた以上に切ないお話になりそうです。それはお楽しみに!ありがとうございます。 (10月9日 22時) (レス) id: 5dad6c6827 (このIDを非表示/違反報告)
凛華(プロフ) - 最高に切なくてでもドキドキが止まりません…!ハッピーエンドになりますように…!これからも更新楽しみにしてます! (10月9日 17時) (レス) id: 8c58893707 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆずき | 作成日時:2019年8月10日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。