占いツクール
検索窓
今日:76 hit、昨日:917 hit、合計:189,807 hit

42話 ページ43

ー配信ー


『あーあー。きこえまーすか?』




<聞こえます!

<おたおめでーす!

<お誕生日おめでとう!






『聞こえてるっぽいね!わこゆづー。もう少し人集まるまで待ってねぇー!』




<リスナーが祝ってんのに無視すんの?

<返事くらいすればいいのに

<わこゆづー!






今日はいつもより格段に荒れている。それでもいい。



どうにでもなればいいんだ。







『そろそろいいかなぁ。みんな集まってくれてありがとう!さてさてこれから少し長くなるけど聞いてくれるとありがたいなぁ。

ちょっと暗くなるよ?花優月の全てをお話します。』






私は普通の家庭に生まれた。

両親がいる。



私を殴る父と罵声をあびせる母が。



私とは別に沢山愛された弟が。


私はごく普通の家庭に生まれたんだ。






それが普通でないと知ることはもっと後だった。




愛だって教わったの。殴られることも浴びせられる言葉も。





それが虐待というものであると教えてくれた人はいなかった。






でも私は虐待だと思わなかった。だって、住む場所があって寝る場所があって食べるものがある。



学校にだって行ってた。虐待と言っても軽い方だと思ったんだ。






顔を殴られ、体を蹴られ、冬に真水をかけられ、ガラスを割られ、火をつけられた。




それは普通だと。そう思った。




学校はとてもつまらなくてそんな学校生活はだんだんと古い順に記憶が薄れた。


今じゃ小学生の記憶なんてない。



中学にあがってだんだんと私の家がおかしいことに気がついた。



普通の家とは違うこと。私の体がおかしいこと。



火傷やあざ、切り傷が多い私と他の人は全然違う体をしていた。




みんなそういう家庭で育つと思ったの。



だんだんと家のお金はパチンコに費やした両親のせいで減って行った。




そのため私を売った。





たくさんのお金が入ったことだろう。






弟も体が大きくなると私を殴るようになった。家に私の居場所はなかった。






その後中学1年生の後半で転校生が来たの。それが美月だった。




美月は部活を決めるため見学にまわっててそこであったのが始まり。




美月とはだんだんと仲良くなり始めた。



そしてだんだんと私の裏の顔を見つけ出した。







壊れていく私をまじかで見ていたの。





最初にバレたのは部活の時家庭科部だったんだ。



私たちは。

43話→←41話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (69 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
402人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , 歌い手 , シリアス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いぶき(プロフ) - あと質問なんですけど、名前は変えられないんですか? (9月30日 14時) (レス) id: c7d8cb2ad1 (このIDを非表示/違反報告)
いぶき(プロフ) - めっちゃ最高ですね!面白いし見てて笑顔になります! (9月30日 14時) (レス) id: c7d8cb2ad1 (このIDを非表示/違反報告)
nayu #crew(プロフ) - うさん» 大変申し訳ありません。確認したところ抜けていたので編集させて頂きました。ご指摘ありがとうございます。 (9月3日 4時) (レス) id: 8c874ced81 (このIDを非表示/違反報告)
- 初コメ失礼します。問七で るぅとくん抜けてませんか?? (9月2日 2時) (レス) id: 0660293406 (このIDを非表示/違反報告)
nayu #crew(プロフ) - 歌夢くんさん» そうですよ!アナタシアファンがいて嬉しいです!まさとくんかっこいいですよね!(私は芝健さん推しですw)思いだして書いちゃいました!気づいて貰えて嬉しいですw (8月31日 22時) (レス) id: 8c874ced81 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花優月 | 作成日時:2019年8月10日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。