占いツクール
検索窓
今日:68 hit、昨日:313 hit、合計:73,867 hit

4 ページ4

Aside









彼は車を待つ間、散らばった荷物をバッグに入れてくれた。






癲嵳茲燭叩あ、変な人じゃないです大丈夫です!僕の、お仕事関係の人で」









マネ「こんばんはっ、この者の関係者ですっ。


大丈夫ですかっ?ご迷惑おかけしております、乗ってください。」







両脇を 若い男の子と、40代くらいの男の人に支えられて、後部座席に乗り込んだ。









男の子は助手席に乗った。









マネ「運転しながらで失礼します。



この度は本当にご迷惑をおかけしてすみません。」







男の子が助手席から振り返って、


本当にごめんなさいと言った。









「いや、彼はなにも悪くなくて、むしろ彼も被害者みたいですけど」








私と違って目に見える被害を被ってるわけではなかったけど、彼のことも聞かないと、と思った。






だけど、運転している大人に伝えることからは、



癲崛阿汎韻舷佑任靴拭J垢れたことも前と同じでした。」






明確なことはなにもわからず。







癲嵋佑料阿鵬鵑蟾もうとして、あ、えと、



この女の人にぶつかったんです」







言葉の端々から、彼が相当な若者だとわかる。







こちらの女性、などという表現が出来ないのね。



怪我がズキズキと痛む中でも、


彼が必死に伝えようとしてるのが微笑ましくておかしかった。






そしてまだ少し焦ってる彼の様子を温かく見守った。

5→←3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (61 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
162人がお気に入り
設定キーワード:高橋海人 , King&Prince , リアル設定
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あおゆ | 作成日時:2019年8月4日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。