占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:15 hit、合計:7,035 hit
.




「良平さん、私良平さんが大好きです」





朝、目が覚めると知らない家のベッドで寝ていた(名前)。
さらに横には知らない男性が。


彼は目を開けふわを見ると驚いた顔をして、すぐさまベッドから逃げるように後ずさりする。



お互い状況を全く理解できない二人だったが


それもすぐに打ち解けていき___________?




‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦‧✧̣̥̇‧✦


この小説は、声優の木村良平さんの夢小説です。
誹謗中傷はおやめください
作者の完璧妄想ですごめんなさい()
亀さん更新です。気が向いたら更新する感じ((
自己満小説なので意味の無い低評価も押さないでいただきたいです。
低評価押すくらいなら回れ右して…(ᐡ ̥_ ̫ _ ̥ᐡ)


ガチの自己満妄想小説です。
回れ右してもらって全然構いません。執筆状態:更新停止中













おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
114人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

きゃらめるかも。 - とても素敵な作品ですね!文字だけで、良平さんが想像できちゃいます!神作の予感‥!笑これからもお体に頑張って下さい!(^.^) (9月28日 22時) (レス) @page8 id: 242d71ebf1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:りこめろ | 作成日時:2021年9月7日 7時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。