検索窓
今日:42 hit、昨日:63 hit、合計:41,135 hit

〇11 ページ30

金指side





本番まであと3日。





いよいよ…って感じてきた。





今日は、体調も整えるため部活は午前まで。





午後からはゆっくりと過ごすつもりだ。





それでも、練習風景を撮ったビデオを見返していく。





すると、外からバタバタと大きな音が聞こえてきた。





カーテンの隙間を覗くと、それは大きなトラックだった。





「……Aの家?」





大きな家具を業者が運んでいく姿が見えた。





勉強机を大きな大人二人がヨイショと運ぶ。





いや……流石に違うよね。





鈍くも無い俺の勘が、嫌な予感を教えた。





今日の夜、聞いてみよう。





元々夜ご飯を一緒に食べる約束をしていたから。





___





Aの家に入ると、甘い香りが漂ってきた。





『いい匂いする?笑』





俺が匂いを嗅ぎすぎていたのかそう質問された。





『今日は、シチューだよ』


「やった、シチュ〜」





Aが作る料理の中でシチューはめっちゃ好き。





お弁当には中々出ないレアメニュー。





ご飯を自分の好きな分だけお皿に盛って
そのお皿をAに渡し、シチューを注いでもらう。





2人でまた向かい合わせに座り





『「いただきます!」』





と元気よく唱えた。





だけど、リビングの様子は少し寂しかった。





「そういや、ここのソファーどこにいったの?」





いつもならある大きなソファの姿が消えていた。





もしかしたら、お昼頃の時に運ばれた?





『……あ、いや、古くなっちゃったから捨てたの!』





ぎこちない喋り方。





普段から素直なAは嘘が隠せてない。





「今日、なんかいっぱい運ばれてたけど、?」


『え……見てたの!?あ、あ〜、あれはゴミ回収!そうゴミ!』


「じゃあ一緒に買いに行った勉強机もゴミなんだ」


『あ……それは…』





もうこれ以上言い訳が出来ないでしょ。





『ごめんね……まぁ、さよならしちゃった笑』





最後の言葉は、何故か言い訳には聞こえなかった。





.

〇12→←〇10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (56 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
128人がお気に入り
設定タグ:美少年 , 浮所飛貴 , 那須雄登
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅうか(プロフ) - 初めまして。読みながら号泣してしまいました。素敵なお話ありがとうございます! (6月28日 13時) (レス) @page37 id: 81d3bec9f9 (このIDを非表示/違反報告)
ホワイトチョコ(プロフ) - ^_^さん» 大昇どこいった (6月20日 3時) (レス) id: 5af4654439 (このIDを非表示/違反報告)
^_^(プロフ) - サイコーっす那須最高っす (6月20日 2時) (レス) id: 3634040f38 (このIDを非表示/違反報告)
ホワイトチョコ(プロフ) - ぎゃうさん» う、う、嬉しい……( ꒪⌓꒪) (6月16日 22時) (レス) id: 5af4654439 (このIDを非表示/違反報告)
ぎゃう - 最初から最後まで改めて読んだけど、まじで好き〜あの下駄箱の飛貴の匂いめちゃくちゃ想像できる。美少年浮所飛貴の匂いじゃなくて一般人浮所の匂いがち好きすぎる。あといせちゃんが怒ってお弁当やめてとかハートに気づかない鈍感で恋愛ならしてない感じがいせちゃん (6月16日 16時) (レス) id: 38302e75f7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ホワイトチョコ | 作成日時:2022年6月10日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。