占いツクール
検索窓
今日:637 hit、昨日:1,505 hit、合計:80,292 hit

14 ページ15

14




え、なにこれ、ナンパ!?




近づく男たちに野薔薇ちゃんと美渚先輩は顔を歪める。




どうしよう。
2年生である私が何とかしなくちゃ。




だけど……怖い。
1度こんなヤツらに棘くんが殴られたことを思い出して、地面を踏む足が竦む。





だめだめ、先輩として後輩を守らなければいけない。
あの時棘くんを助けられなかった分、
今私がなんとかしなきゃ。









『ちょっとだけでいいからさ。俺らと遊ぼうよ』


「わ、私たちはこれから帰るので」


『いいじゃん、少しくらいさ』


「痛っ」









ぐっと、男の汚い手に肩を掴まれその痛みと恐怖に思わず涙が出そうになる。




声が出ない。









野「ちょっと、私たちに触らないでくれる?
自分の顔鏡でちゃーんと見てから出直してこいよクズどもが」



『てめっ、なめてんのか?』









男のうちの1人が野薔薇ちゃんに向かって殴りかかろうとした時。









男たちの背後から見えた人影に、
私は安心してそのままその場にへたりこんだ。







どしたのー?と
相変わらずにこにこと笑ってる五条先生と、





その後ろからひょこっと顔をのぞかせた……棘くん。







棘くんの表情は、
今までに見たことないくらいに冷酷だった。






あの時みたいに五条先生が目の前の男を成敗してくれる、




そう思っていただけに_









今目の前で起きている光景に目を疑うしか無かった。









五条先生はいつの間にやら美渚先輩の隣にいて。





どさどさと倒れ込む男たち。





その男たちを殴っているのは…
先生ではなく。









紛れもない、棘くんだった。

15→←13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (191 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3211人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 狗巻棘
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

凪々瀬(プロフ) - ひなさん» 私なんてそんじょそこらのほんとに趣味で書いてるだけなので…すごく尊敬してます!お互い頑張りましょう! (2月14日 14時) (レス) id: a9a880df8f (このIDを非表示/違反報告)
ひな(プロフ) - 凪々瀬さん» コメントありがとうございます!呪術廻戦の作者様にコメントいただけて光栄です(><)更新全力で頑張りますっ!更新頑張ってください!!(え (2月14日 10時) (レス) id: 88c1187db4 (このIDを非表示/違反報告)
凪々瀬(プロフ) - 更新頑張ってください!楽しみにしてます…!怒りに燃える棘くんカッコいい…(( (2月13日 21時) (レス) id: a9a880df8f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ひな | 作成日時:2021年2月7日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。