占いツクール
検索窓
今日:167 hit、昨日:400 hit、合計:70,144 hit

132 ページ35

田中side





Aちゃんいつ来るかな〜

今スノのとこおるからな〜







ジェシー「A凄いよな、ここから見ててもわかる」


森本「確かに(笑)」


『おーい!樹くん以外久しぶり!』


松村「は?樹、どういうことだ?」


田中「いや、何も無いけど...Aちゃんの勘違いじゃない?」


『さっきちゃかちゃんと会いに来たくせに』


京本「おい、宮近!?」


宮近「はい!?」


『きょもちゃん、時間ないからJaponica教えて』


京本「はいはい」


ジェシー「え、一人で行けるの?」


京本「いけるわ!」


『それぞれの振りを教えてもらうだけやから』


眞「全部覚えるつもり?」


『そうやで〜ちなみに、もうスノの振り覚えてるから(笑)』


森本「俺だったら無理だわ(笑)」


ジェシー「それな(笑)」


『もー、はよやろ!きょもちゃん、あとでご飯いこ』


京本「いいよ(笑)」


森本「俺も行く!」


『嘘やし、ジャニーさんとご飯食べに行くし(笑)』


京本「え、傷ついた」


『もー、いちいち落ち込まんとって!HiHiの方行くで?』


京本「それはやだ」


『じゃはよ教えて』







Japonicaって結構きついけど、大丈夫かな

...って心配してたけど、全然大丈夫そうだわ(笑)







松村「樹、Aってやっぱ凄いよな」


田中「そうだな、もう尊敬するわ(笑)」


ジェシー「もう尊敬するわ」(田中のモノマネ)


田中「真似せんでいいから(笑)」


眞「でも、Aちゃんって何であんなに上手いんだろう?」


森本「あれやってたよ」


田中「何か知ってるの?」


森本「いや、知らない(笑)」


ジェシー「なんだよ(笑)」


松村「まぁ、とりあえずAは凄いってことだな」


田中「そうだな(笑)」


『ねーぇー!次樹くん教えてー!』


田中「はいはい(笑)きょもおつかれ(笑)」


京本「あの子、化け物だわ(笑)」







で、今教えてるんやけど、見てるだけ

これで覚えれるとか無理でしょ(笑)

と思ったけど、全然そんなことないわ

一回見ただけでほぼ完璧

きょもの言う通り、化け物だわ(笑)





.

133→←131



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (44 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
339人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Mari | 作成日時:2019年5月25日 5時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。