占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:395 hit、合計:208,802 hit

59,現実を振り返る ページ12

矛盾を感じたのは、小学生の頃だった

「Aちゃん!
マコちゃんが骨折しちゃったって!!」

「こ、骨折…?」

すぐそこで遊んでいた友達が
事故に遭い、私に助けを求めて来たのだ

「病院には連絡したの?」

「周りの大人の人がしてくれたけど、
マコちゃんとても苦しそうだった!

Aちゃん、救けてあげて!」

手を引かれ、現場に近づくにつれ
私の足は動かなくなり

ついにはビクともしなくなった。

「…病院で、治してもらった方が
いいんじゃないかな」

私は怖かった。

いつもなら
すっ転んだ子のすり傷や切り傷、

火傷とか打撲とか…

私にとって耐えられるような
軽症に過ぎないものばかり治してきたけれど

今回ばかりは訳が違う。

「Aちゃん…救けないの?」

「そ、そう言うわけじゃ…」

確かに私は傷を貰い受けても
すぐに治る。

ただし、皆と同じで痛覚だってあるわけだ

しばらくの間は
その回復するまで痛みにもがき苦しむ。

それが怖かった。

「Aちゃん、そう言う人だったんだ。
他人より自分を優先するんだね」

「ち、違…」

「そう言うのを…偽善者って言うんだよ」






その時私は初めて、
この世の理不尽さを知った




「あ、Aちゃん!
よかった、目が覚めたんだね」

「夢か…」

「え?」

嫌な記憶から覚めた私は
ダルい体を起こした。

どうやらここは保健室のようで、
何故か緑谷君のオマケ付き。

けれども、彼の至る所についた傷跡を見て
察しがつく。

またリカバリーガールに
お世話になったか

「Aちゃん大丈夫?
うなされてたけど…」

「あー…その、頭痛が痛くて」

「日本語がおかしいよ…」

私が意識を取り戻した時には
既に試験は終了しており、

切島君達は
時間切れになってしまったらしい。

その足で私を保健室まで
運んで来てくれたと言うわけだ

「そっか、残念。
林間合宿行きたかったな…」

「ま、まだ
いけないと決まったわけじゃないよ」

いや、いいんです。

望み通り補習地獄行きの切符を
ゲットできればそれで。

『また嘘ついてる』

もう一人の自分の声に
目を伏せた。

結果がどうであれ、
やる事はやったからいいんだ。

「そう言えば、緑谷君だけ?」

「うん、Aちゃんが起きたら
教室に戻るよう言わなきゃと思って」

「置き手紙でいいのに…」

「Aちゃんの寝顔見てたら、つい
ずっと見ていたくなちゃって…あはは」

「…」(汗

なんか緑谷君、
ウチんとこの弔に似てきた気ぃする…

60,安堵→←58,憧れは消えない



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (172 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
310人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

無希(プロフ) - 愛花さん» ありがたきお言葉をありがとうございます!この上ない幸せです…ヒロアカ良いですよね!原作をリスペクト出来る作品であり続けたいと思っています!ので、頑張ります!!コメント頂きありがとうございましたー! (3月7日 1時) (レス) id: 4a49e8f9ee (このIDを非表示/違反報告)
愛花 - 最高です…!ヒロアカ大好き! (3月6日 10時) (レス) id: e76711cd26 (このIDを非表示/違反報告)
無希(プロフ) - 蚊さん» 自分らしく、と言うのはとても難しいですし、そう簡単に出来る世の中ではありませんが、私は貴方様を応援しています!!私もこの作品を通して貴方様に出会えて本当に良かったです!何かあったら、またいつでも いらっしゃって下さい!本当にありがとうございました! (11月30日 15時) (レス) id: 285300d98d (このIDを非表示/違反報告)
無希(プロフ) - 蚊さん» ひゃああ本当ですかありがとうございます…そして生きてて下さってありがとうございます。どんなに周りが言っても、一番辛くてキツイのは貴方様です。だから貴方様の事を理解してくれない(最低な)担任の先生に左右されず、自分らしくいて下さい。 (11月30日 15時) (レス) id: 285300d98d (このIDを非表示/違反報告)
- これからも頑張って! (11月28日 21時) (レス) id: 246313809f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:無希 | 作成日時:2017年3月4日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。