占いツクール
検索窓
今日:39 hit、昨日:86 hit、合計:18,451 hit

じゅういち ページ15

*





『朔間さん、』



「却下だと何回言えばわかるんじゃ?」





UNDEADの活動日でさえかなりの頻度でサボる俺が今日で軽音部室に通いつめて三日目とは天変地異でも起きるのかもしれない。


それもひとえに朔間さんにとあるおねがいをしているからだ。





『も〜〜お願いだって!ギター代わってよ…』



「無理じゃて、薫くんおぬし、ドラムも出来んじゃろ」



『まだ叩く方が簡単だし!ね?』



「たわけ、ドラムを舐めるでない」





もちろん、叩くだけで簡単なわけが無いのはわかっているが、どうにもAとギターという組み合わせと言うのが地雷だった。

もちろん、昔のことを思い出してしまうからという単純明快な理由で。




『せめて俺にギター教えてよね…』



「だからAの嬢ちゃんに聞くのが手っ取り早かろう?ほれほれ我輩から連絡もしてやったぞい」





自慢げにふんぞり返る朔間さんに見せられた画面には
「顔る組ん似推し得手らって暮れんかの?」
の文字。


どこに自慢げ要素あったの?
「何言ってるかわかんないけどいいよ」って来てるじゃん!
いいよじゃないよこのおチビ!!


どうにもしようがない2人のやりとりに思わず頭を抱える。



「まあ、放課後にはここに来ることになっておるからあとは頑張るんじゃぞい」





*

じゅうに→←.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
179人がお気に入り
設定キーワード:あんスタ , 羽風薫
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ちより(プロフ) - 度々過去編のお話が入るのが凄いなって思いました…!!読みいるしすごく違和感のないお話に出会えたのは久しぶりです…!自分のペースで無理せず更新していってください、待ってます! (1月5日 3時) (レス) id: 5d8f01d30c (このIDを非表示/違反報告)
Linon(プロフ) - 泉が可愛すぎてキュンキュンしますううう (12月16日 1時) (レス) id: c9d9ceb5f4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆゆちゃん | 作成日時:2019年11月28日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。