占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:42 hit、合計:9,742 hit

1話 ページ3

ザワザワ


「おはよー」


「ねー今日さ…」



いつも通り学校に登校して、下駄箱を開ける。



『……』


するとそこには、画鋲が大量に詰められた上靴が入っていた。



(今日は上靴か…)


と、思いながら私は何事もないかのように上靴を取り出し、ごみ箱へと入っている画鋲を捨てた。




教室に入れば、いつも通り…



「早くガッコ辞めろよ」


「よくいられるねー?神経疑うわ」



誹謗中傷、シカト、盗撮、暴力、悪戯、盗難……。



されたことを挙げていくとキリがない。


他人から言われなくとも、よく何でもない顔をして学校に通えているなと、自分でも思う。



私には感情がないのだろうか。元から薄いのか、なくなっていったのか…分からない。


もういじめのある日々に慣れてしまって、感覚が麻痺してしまっていた。


(慣れってコワいなぁ……)



いじめている側の人達は、これを"イジり"だと言う。



元々仲の良かった子達で、トモダチだった。

所詮そんなものだ。


いじめなんてどこにでも存在するし、どこからがいじめなのか、そのボーダーラインはあまりに曖昧である。


きっかけはどこにでもあるような、実にくだらないことだった。

思い出すのも嫌で、故意に忘れてしまった。


始まりはあまりに呆気なく、日常生活はあっという間にいじめで染まっていった。


私がいじめの対象となったのは、ちょっとした不運の重なりとタイミングだ。崇高な動機や立派な理由があるわけではない。

権力を持つクラスのリーダー格の人が一言「嫌い」と言えば、みんな「嫌い」になっていく。



他人でも傷付けて、自分よりも下の存在を見下しでもしていないと、今の世の中やっていけないのであろう。



私も最初はそれに抗っていたが、次第に周りから人がいなくなり、孤立してからは止めた。


覆水盆に返らず。

一度起こってしまったことは、もうどうしたって戻らない。




学校というのは、実に不条理で残酷な社会だ。

2話→←登場人物


ラッキーカラー

あずきいろ


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
42人がお気に入り
設定キーワード:立海 , 仁王雅治 , テニプリ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ユッキー(プロフ) - megumiさん» 最高に嬉しいです!ありがとうございます!励みになります(*^^*) (5月27日 1時) (レス) id: 127851c6f5 (このIDを非表示/違反報告)
megumi(プロフ) - お話も興味深いですし、描写も深くて素敵です(*'ω'*)更新、楽しみにしています! (5月27日 1時) (レス) id: 04e98a2c19 (このIDを非表示/違反報告)
ユッキー(プロフ) - 白銀水龍さん» ありがとうございます!そんなお言葉を頂けるなんて嬉しい限りです(*^^)v頑張りたいと思います! (5月21日 18時) (レス) id: 127851c6f5 (このIDを非表示/違反報告)
白銀水龍(プロフ) - 面白い!これからも更新頑張ってください! (5月21日 18時) (レス) id: 01408c4e23 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年5月20日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。