占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:14 hit、合計:50,700 hit

第2話 ページ2

幸「はぁ・・・赤也。なんだい?この点数は」



切「うっ・・・」




真「たわけ!あれほどテスト前に勉強したと言うのに・・・」




切「そっ、それは・・・」




柳「流石にここまで低い点数をとるとはデータにはなかったな

  何故、Y=52という答えになるんだ?代入して答えを確かめろと言ったはずだが」



切「え、えへ?・・・」




幸・真・柳「まさか補習だとは」



切「ご、ごめんなさいっす!!いや俺もね!?頑張ったんですけど、問題かなり難しくて!!

  多分、先生方のいじめっすよ!!」




幸「・・・赤也?」



切「はいすみません黙ります」




真「うむ・・・1週間後には練習試合があるというのに放課後補習では話にならん」



切「えっ!?俺試合出れないんすか!?つーか補習についてくれる先生が一人もいないんで

  先輩たちにお願いしたかったんすけど・・・」





柳「だが俺たちも練習がある・・・


  そうだ。お前に人を紹介してやろう」




切「え、誰すかそれ!!」




柳「学年次席の笹原Aだ」




切「・・・・・・・・・・・誰?」




幸「えー、俺も見たことないや。名前は知ってるけど。どこにいるんだい?」



柳「あぁ、いつもは地学準備室にいる。授業は絶対に出ないため姿を知っているのは

  俺と先生ぐらいだろう」



真「知らなかった、そんな奴が同学年にいるとは」




切「・・・大丈夫なんすかね、それ。」




柳「安心しろ、頭は俺よりいい」



切「でも次席って言ってましたよね?」



柳「国語が苦手なんだそうだ。笹原は理数系だからな」




切「ふーん・・・」



柳「じゃあ行くか」



切「え、もうすか先輩!!ちょっと心の準備が・・・・」




幸「赤也、行ってらっしゃーい」



幸村先輩が憎たらしい笑顔で俺を見送っていった。ちくしょう



あー、どーすっかな



俺、女嫌いなんだよな。どうしよう、好きになられでもしたら







 

第3話→←第1話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (217 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
242人がお気に入り
設定キーワード:テニプリ , 立海 , 切原赤也
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

シャイン(プロフ) - めっちゃおもしろかったです!更新がんばです! (2015年8月1日 7時) (レス) id: dd4c2d8548 (このIDを非表示/違反報告)
優和 - おもしろっ!!!更新ガンバですっ (2014年12月8日 15時) (レス) id: fc3cbb95d8 (このIDを非表示/違反報告)
真琴 - ミステリアス美人っちゅーやつかのー面白いぜよ (2014年12月7日 21時) (レス) id: 86ff961fd7 (このIDを非表示/違反報告)
ぱぴこ(プロフ) - わーい!!100評価目ゲッツゥ!!これからもがんばってください!! (2014年1月7日 23時) (レス) id: c2f62e6685 (このIDを非表示/違反報告)
美咲 - とっても面白いです^^不思議な人だ(笑 (2013年10月18日 21時) (レス) id: 4cc47b0c11 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:エレナ | 作成日時:2013年9月25日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。