占いツクール
検索窓
今日:66 hit、昨日:1,294 hit、合計:180,024 hit

027 ページ30

性別が違う時点でどうしても根本的な力に差がついてしまうのは仕方がない

私は体が軽いしふっとばされるのも無理はない

いかにふっとばされても衝撃を喰らわず、怪我なくできるかが私が戦い続けられるか続けられないかの差だ



降参は絶対しないし戦闘不能にもなりたくない

でも今は午後5時

あたりは夕焼けによって真っ赤になっている時刻だ

日が沈むまで1時間はない

そもそもあと30分も戦える力があるかと言われれば、
答えはいいえ、だ

現役の柱と戦っているんだ
せいぜい20分も戦えれば上出来ではないだろうか




父上は二刀流だ

純粋に手数でも負けてしまう

速さでも劣る




やはり隙をつくしかないのか




そんなこと考えているあいだに試合は進むし日は沈んでいく

防戦一方で勝てる気配もない




「奏者の力はそんなもんか」




また聞こえたこの声

やめて、今話しかけないで




「奏者よ、こやつに壱の型を使わせろ
そうしたら振り下ろしたところに一瞬隙ができる
そこを左肩に向けて刀をほどよく振り下ろせ
かすめるだけでいい、切り傷をつけたら勝ちだからな」


宇髄「足、止まってんぞ
音の呼吸、壱の型 轟」




壱の型…!!来た!!









『響の呼吸 壱の型 前奏曲(プレリュード)









父上が刃を地に叩きつけているような体制の中、後ろから左肩に刃を当てる




刃を当てた左肩はツーと赤い液体が出たが傷が浅いためすぐ止まった









.









.









「余のおかげだな!」









─────────────────




模試終わりました〜!!
疲れたー!!
自己採点やらなきゃグヘェヾ(⌒(_×ω×)_

自信はありません!!
今日模試だった同士はお疲れ様でした!!

028→←026



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (69 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
227人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 宇髄天元   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

たまきゆら(プロフ) - まーたんさん» 直しきったと思ってたのですがまだありましたか…!!探します、ありがとうございます! (12月18日 14時) (レス) id: 210adaaa32 (このIDを非表示/違反報告)
まーたん(プロフ) - 響の呼吸!よきです!!たまに響の呼吸が音の呼吸になってます(´・・`)とても面白いので続けて読ませて頂きますねっ♪ワクワク (12月17日 21時) (レス) id: 8c8759d492 (このIDを非表示/違反報告)
たまきゆら(プロフ) - 鬼滅の氷華さん» あ、いえ、責められただなんて思っていません!誤解を与える言い方をしてしまい申し訳ございません (10月31日 11時) (レス) id: 210adaaa32 (このIDを非表示/違反報告)
鬼滅の氷華(プロフ) - たまきゆらさん» そんなに責める気はなかったんです!言い方が悪くてすみません… (10月31日 9時) (レス) id: fcd789ed98 (このIDを非表示/違反報告)
たまきゆら(プロフ) - 鬼滅の氷華さん» よくお気づきになりましたね…実は私自身気づいていたんですが放っておいていましたすみません…直します… (10月31日 8時) (レス) id: 210adaaa32 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たまきゆら | 作成日時:2019年10月18日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。