占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:14,663 hit

裁判 5【追加】 ページ8







2012年 12月 10日 深夜 01時 30分








神童「よく解けたな、天馬。」


天馬「これくらい、楽勝です!もっと難しいのだって解けますよ!!」


天馬は得意気な顔をし、胸を叩いた。


神童「はは、頼もしいな。」


神童教授はそんな天馬を見て笑みをこぼした。














天馬「でも。ずいぶんと可愛いナゾでしたね。
おとぎ話の世界って雰囲気で!

中世の時代にいた魔女も、この絵本みたいに可愛らしいものならいいんですけど…。」


神童「ああ……そうだな。」


神童教授はそう言うと、窓から外の天気を見た。


見ると、雨が上がり、雷もやんでいた。


神童「さて。そろそろ、雨も上がってきたようだ。帰る支度をしよう。」


天馬「分かりました!!えっと、傘はどこに置いたかな……。」


天馬は周りをきょろきょろと見回し、傘を探した。


その時だった。








Σ Σ コンコンッ








天馬「!!!」


入り口のドアからノック音が聞こえた。


天馬は驚き、肩を揺らした。


天馬「あれ、先生。誰か来たみたいですよ。」


神童「え?こんな遅い時間に、来客の予定はないはずだが……。」


神童は自身の顎に指を添え、考えこむ。


天馬「俺、ちょっと見てきますね。」


天馬はそう言うと、入り口のドアの方に向かい、ドアを開けた。


ドアを開けると、赤い頭巾を被り、薄い茶色の髪で三つ編みをしていて、紫色の瞳で緑色の大きな本を持った見知らぬ少女がいた。


傘を持っていなかったのか、身体中びしょ濡れだった。


雨の水滴が髪や服からぽとぽとと、落ちる。


天馬は少女が濡れている事に驚き、急いでそばにあったタオルを少女に渡した。


少女は一言、「ありがとう」と言うと、タオルを使い、髪と身体を拭いた。


天馬はその少女に見覚えがなかったが、とりあえず少女を家の中に入れた。

裁判 6【追加】→←裁判 4


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
22人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブンGO , パロ , 推理、謎解き   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

剣城スノウ(プロフ) - 夜神聖香さん» ですよね!私もプレイしてた時ダバダバ涙流しちゃって(汗) (2013年1月2日 10時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
夜神聖香(プロフ) - すみません2でした (2013年1月2日 1時) (レス) id: e71ddd8108 (このIDを非表示/違反報告)
夜神聖香(プロフ) - クリアしました!弁護席に立つ成歩堂と自分の父を重ねてみてたかと思うと泣けて…。最後のお父さんとの背中合わせも泣けました、、(T . T)【1です】 (2013年1月2日 1時) (レス) id: e71ddd8108 (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - 夜神聖香さん» ありがとうございます(^_^) (2012年12月30日 23時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
夜神聖香(プロフ) - 剣城スノウさん» はいっ!もちろんです! (2012年12月30日 22時) (レス) id: e71ddd8108 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:剣城スノウ | 作成日時:2012年12月27日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。