占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:14,667 hit

裁判 19 ページ24







2012年 12月 10日 02時 45分








天馬「せ、先生!茜さんが……!」


神童「ああ……油断していた。まさか、あんな形で侵入されるとは………。

「守る」と約束しておきながら……なんということだ……。」


神童教授は悔しそうな顔をし、俯き、掌を強く握った。


天馬「あいつが、茜さんの言っていた魔女なんでしょうか!?」


天馬は顎に指で触れ、考えこんだ。


神童教授は天馬の問いに力強く頷いた。











神童「はっきりとは言えないが、それらしき人物には見えたな。」


天馬「それなら、今のは魔法……?」


神童「……まだ、わからない。

だが……、目の前で信じがたい不思議な現象が起きたのは事実だ。」


神童教授は少し間を空け、口を開いた。


神童「……天馬。」


神童は腕を組み、天馬の名前を読んだ。


天馬はその声に反応し、伏せていた顔を上げた。


天馬は困惑した表情を浮かべ、脳内は、さっきの信じられない光景の事で頭がいっぱいだった。


今、何が起きて、何が起こったのかがわからず、頭の中は混乱を極めていた。











神童教授も天馬同様、混乱していたが、慌てず、騒がず、冷静に今の状況を分析していた。


神童「俺はこれから、茜さんを助けにいく。その間にお前は……。」


天馬「俺も行きますよ、先生!」


天馬は神童教授の言葉を遮り、言葉を続けた。


天馬「駄目と言っても、ついて行きます!俺は先生の一番弟子なんですからね!!」


天馬の表情はさっきとは違い、覚悟を決めたような表情をし、目には強い決意と揺らがない意志が宿っていた。


神童「……………。」


天馬「……………。」


神童教授と天馬はお互いの目を真っ直ぐに見つめた。


その間、二人は一度も目をそらさなかった。











裁判 20→←裁判 18


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (55 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
22人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブンGO , パロ , 推理、謎解き   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

剣城スノウ(プロフ) - 夜神聖香さん» ですよね!私もプレイしてた時ダバダバ涙流しちゃって(汗) (2013年1月2日 10時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
夜神聖香(プロフ) - すみません2でした (2013年1月2日 1時) (レス) id: e71ddd8108 (このIDを非表示/違反報告)
夜神聖香(プロフ) - クリアしました!弁護席に立つ成歩堂と自分の父を重ねてみてたかと思うと泣けて…。最後のお父さんとの背中合わせも泣けました、、(T . T)【1です】 (2013年1月2日 1時) (レス) id: e71ddd8108 (このIDを非表示/違反報告)
剣城スノウ(プロフ) - 夜神聖香さん» ありがとうございます(^_^) (2012年12月30日 23時) (レス) id: d9c0e69bd5 (このIDを非表示/違反報告)
夜神聖香(プロフ) - 剣城スノウさん» はいっ!もちろんです! (2012年12月30日 22時) (レス) id: e71ddd8108 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:剣城スノウ | 作成日時:2012年12月27日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。