占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:10,194 hit

18 ページ18

__________



城の中は人がいなくて不気味に感じた。トシの名前を呼んでも返事はなくて、その度に浮かんでくる嫌な思考に頭を振った


人の気配はこの城の一番上からした気がした。
急な階段を一気に駆け上がる


「トシどこにいるんだよっ…」


きっと綺麗に掃除されていたであろう階段の黒塗りの木々も、砂まみれになっていた




「____ふざけるな___!」




階段を駆け上がっている途中、トシの大きな声が聞こえた気がした

その声は階段を登るにつれて大きくなる。

誰と言い合いをしているのだろう。相手の声は低くて、何を喋っているかは聞こえなかった


「はぁ…っ…くそ…疲れた」


ある襖の前で少しの間足を止めた
ここから確実に声がしている


そこに立って初めて、トシが誰と言い合いをしているのかが分かってしまった

私は、入るべきか入らないべきか。なんて迷っている暇はなかった。こいつらが喧嘩をするときはいつも厄介事が付いて回る。

早く私が仲裁に入らないと殺し合いが始まってしまうのだ



…いや、時すでに遅し。刀の交わる音が聞こえる



階段を駆け上がって上がった息を整えながら、スパン!と襖を勢いよく開けた


「…Aか…」



そこには金髪の鬼がいた

19→←17



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
125人がお気に入り
設定キーワード:薄桜鬼 , 逆ハー , ドラごん
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

青椿(プロフ) - 全部、読ませていただきました!更新、頑張ってください!そして、ちょっとでいいので文才を分けてください…。(笑) (2017年7月8日 23時) (レス) id: 3c821da097 (このIDを非表示/違反報告)
めいさい - この作品大好きです!うるっときました!そしてギャグがすごくおもしろいです(*≧∀≦*)頑張ってください。 (2016年12月16日 21時) (レス) id: 3c799ac5d2 (このIDを非表示/違反報告)
ドラごん(プロフ) - ヘムヘムさん» 更新停止気味で申し訳ない気持ちでいっぱいです…。ありがとうございます!とても励みになりました! (2016年10月10日 16時) (レス) id: 19ae749365 (このIDを非表示/違反報告)
ヘムヘム - この作品,全部読みました!とても面白いです!惹きつけられました!!これからも,頑張ってください!ファンとして応援してます!!!! (2016年10月10日 13時) (レス) id: 678d5df645 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ドラごん | 作成日時:2016年7月12日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。