占いツクール
検索窓
今日:43 hit、昨日:520 hit、合計:106,635 hit

. ページ2

.



「Aちゃんってさ、」


佐久間さんがこねてくれたハンバーグを焼いてる間、じゅーじゅーと音を立てるそれを見ながらぼーっとしていれば、不意に聞こえた声。

その声に顔をあげれば、キッチン台に肘をついて頬杖を付きながらこっちを見てる佐久間さんがいた。


「料理するのすごい上手だよね」

『え、そうですか?』

「うん、すっごい美味しい。誰かに習ったりしたの?」


彼は屈託のない笑みを浮かべながら、頬杖をついたままそう聞いた。

私は焼き目のついたハンバーグをひっくり返したあと、言葉を紡ぐ。


『いや、自分で勉強しました』

「へぇー、そっかぁ。じゃあなんで料理の勉強しようと思ったの?」


その質問に、私は一瞬開きかけた口を閉じた。


………なんで、か。

初めて自分で料理をしようと思ったのは、たしか中学生くらいになった時だったっけ。

それまではお手伝いさんに作ってもらっていたけど、その頃から少しずつ自分で作るようになっていた。

その理由は、───ただひとつだ。



『食べて欲しい人がいて、…その人に、喜んでもらえるかなって、』

「食べて欲しい人?」


私の答えに、佐久間さんはどういうこと?というように首を傾げた。

…どこまで話したらいいんだろう。お兄ちゃんに食べて欲しかったっていうだけなら、普通からして変ではないのかな?…それともやっぱりおかしい?

ぐらりと心の中に現れた靄。思いがけずお兄ちゃんのことを思い出して、胸がちょっと苦しい。


頭の中で返答に悩んでいれば、「あ!Aちゃんお肉!」という佐久間さんの声に現実に引き戻された。


『わ、やば、』


目を離していた隙にすっかり焼き目のついていたフライパンの中のハンバーグを、慌ててひっくり返す。

焦げ目は、…よかった、ギリギリついてない。

ほっと胸を撫で下ろすと、佐久間さんはそんな私を見て笑みを浮かべる。


「おー、ちょうどいいくらいだったね」

『佐久間さんが言ってくれなかったら焦がしてるところでした』

「へへ、やった!佐久間もちょっとは役に立ったってことだね」


その言葉に、ちょっとじゃなくていつもすごく助けてもらってるのにな、と思いながら。

「よし、じゃあ次は俺が焼いてみる!」と腕まくりをして残りの2つのハンバーグを焼き始めた佐久間さんに頷いた。


.

.→←13-気になっちゃうな



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (412 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4001人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

こゆき(プロフ) - きりさん» コメントありがとうございます!すごくお返事遅くなってしまってそして更新もサボりがちでごめんなさい、また読んでいただけたら嬉しいです…!これからもよろしくお願いします! (2月5日 15時) (レス) id: 75c0547d0d (このIDを非表示/違反報告)
きり(プロフ) - コメント失礼します!凄く面白くて一気に読んでしまいました!これからも更新頑張って下さい!応援しています! (12月31日 0時) (レス) id: 3f5478e762 (このIDを非表示/違反報告)
こゆき(プロフ) - さくまなさん» ありがとうございます…!そのように言っていただけるととても励みになります…!!更新頑張ります! (12月19日 0時) (レス) id: 7e9ebf3478 (このIDを非表示/違反報告)
さくまな(プロフ) - めっちゃ面白いです!!早く続き読みたいです!! (12月14日 14時) (レス) id: cfe55a277b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:こゆき | 作成日時:2020年12月1日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。