占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:1 hit、合計:4,298 hit

愛するものに ページ9

櫻井side

俺を見た智くんは
目を開いていたが

涙が出てきた。


智「しょ…翔くん…。」


俺に抱き付いた智くんを
強く 抱き締めた。


智「翔くん…翔くん…。」

翔「話は後ね?
荷物を用意して。」

智「うん。」


智くんは 寝室に入って
俺も入った。

既に 智くんはスポーツ型のスーツケースに
荷物を入れていた。

そして 入れ終わって
俺と智くんは外に出て
鍵を閉めて

鍵を 郵便受けに入れた。
ワゴン車に乗り込み

ワゴン車を発進させた。

2→←作戦決行



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.4/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
設定キーワード: , 山コンビ , あり得ない設定
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ブエナ | 作成日時:2020年11月17日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。