占いツクール
検索窓
今日:214 hit、昨日:63 hit、合計:167,906 hit

・35・ ページ7

『環くん!』



門で待っててくれた環くんに駆け寄りながら、
肩が取れるんじゃないかってくらい手を振った。



『ごめんね、待った?』


環「…そ、そんな急がなくても大丈夫だったのに…」



肩で息をする私にオロオロとした様子で
声を掛けてくれた。




『ちょ、ちょっと色々あって……
それに、早く会いたかった、から…』



最後の方はちょっと恥ずかしくて声が段々と小さくなった。絶対顔赤い自信がある。←



環「……すごく、嬉しい」



耳まで真っ赤な環くんはポソッとそう言うと
早く帰ろう、と私の手を引いて歩き出した。



『(環くん、真っ赤だ…!)』



自然と手も繋いでくれて、
私の心臓はもうバックバクだ。




環「…俺も、早く会いたかった」

『ふふ、そっかぁ』

環「……Aの手、その、勝手に触ってごめん…」

『ううん、すっごく嬉しい!』





離さない様に少しだけキュッと力を入れた。
環くんは控えめに、キュッと握り返してくれた。




『あのね、今日ね____』


環「こっちではミリオが____」




そのまま今日の出来事とか話しながら帰路を歩いた。

・36・→←・34・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (174 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
630人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

稲荷神(プロフ) - あの、ちゃっとしたアドバイスなんですけど自分だけこんな幸せでいいのかみたいな罪悪感をちょいちょい入れてくれるた方が個人的にいいです。さくらもちさんの作品ですから全然断っていただいても大丈夫です! (2月17日 0時) (レス) id: 1d66bb4671 (このIDを非表示/違反報告)
蒼の火(プロフ) - ありがとうございます!嬉しいです!早速読んできます! (1月27日 15時) (レス) id: fc1edbfbf6 (このIDを非表示/違反報告)
さくらもちのねこ(プロフ) - 蒼の火さん» コメントありがとうございます!2つとも番外編として書かせて頂きます(*´∀`*) (1月27日 7時) (レス) id: aa6786d7b1 (このIDを非表示/違反報告)
蒼の火(プロフ) - 初コメ失礼します!甘えん坊な環君がみたいです!後、2つ目がOKなら寂しがり屋な環くんも見たいです! (1月26日 23時) (レス) id: fc1edbfbf6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さくらもちのねこ | 作成日時:2020年1月19日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。