占いツクール
検索窓
今日:61 hit、昨日:376 hit、合計:258,225 hit

8P ページ8

画面に映し出されたのは落下する私。
そしてそのすぐ後にオールマイトが現れて私を抱きとめていた。それはもうナイスキャッチと言わんばかりの抱きとめ方。彼の大きさ的に私はラグビーボールと同じ扱いでもいけそう。


ニュースキャスター達は命がけで飛行機を救った少女こと私を称賛していた。

(…でも、私オールマイトのラグビーボールになってなかったら本当に死んじゃってたんだ)


ふと、落下が止まらなかったあの感覚を思い出して暗いところも怖くなり、電気もいつか突然消えてしまうのではないかとベッドの中心で膝を抱えながら小さく震えた。


暫くして顔を上げてテレビを見るとニュースの内容は既に変わっていた。

消灯の時間よ、と看護師さんが部屋に来たけれど、暗いところが怖くて眠れないから電気をつけていて欲しいとお願いし、私はベッドで小さな体を丸めながら布団を被った。


『まさか暗所恐怖症になるなんて…。…お昼なら良いけど夜寝るのちょっと怖くなっちゃったな…』

窓の外の月もあの日のように満月ではなかったけれど、視界に入れたく無くてそのまま目を閉じた。





ーーー



「……」

『……』



お昼前だろうか、ウルトラスーパー命の恩人オールマイトが部屋に現れて話があると言われたきり、無言のまま数分経過した所。

何となく気まずい空気に耐えられなくてちらちらと見上げて見るものの彼の目の影がいつも以上に濃い。何かあったのだろうか…。


『あ、あの…オールマイト…?どうしたんですか…?』

「!…おっといけないいけない…話があると言ったのに考え事をしてしまったよ」

『えと…、…なにかあったんですか…?』

「ああ…、実はね、君の戸籍を探して貰ったんだが…どうもね…何処にも見当たらなくてさ」

『え…』


この世界に私の戸籍が無いのは当たり前の事。分かってはいたけど名前があるのに戸籍が無いのも妙な話だ。
私が眉を潜めて考えていたのを見て、ああ、戸籍っていうのはね!と言い始めたので慌てて戸籍は知ってます!と答えた。

「おっとそうかい!はは!五月雨少女と話しているとつい子供と話しているんだって事を忘れてしまうよ!ホントに4歳?」

『ええ…多分…』


病院に着いた時にあれこれ検査をしてくれていたようで、私の体は4歳だって事が分かった。


「…ま、話は変わるけどさ。今日は君に提案をしに来たのさ」




.

9P→←7P



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (160 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
495人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , 逆ハー , トリップ   
作品ジャンル:ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なさ(プロフ) - 夜月 零夜さん» コメントありがとうございます!まだまだ未熟者ですが頑張ります!! (2月11日 13時) (レス) id: f613967be2 (このIDを非表示/違反報告)
なさ(プロフ) - ありささん» ありがとうございます!とっても天然な主人公ちゃんですが気に入っていただけて嬉しいです!ありがとうございます!頑張ります! (2月11日 13時) (レス) id: f613967be2 (このIDを非表示/違反報告)
なさ(プロフ) - レーナさん» 返信昨日ある事に今更気付きましたすみません…!応援ありがとうございます!頑張ります!れんこん! (2月11日 13時) (レス) id: f613967be2 (このIDを非表示/違反報告)
夜月 零夜 - 面白かったです!更新頑張ってください!! (2月7日 16時) (レス) id: 3da7626fa3 (このIDを非表示/違反報告)
ありさ(プロフ) - すごく面白い!主人公ちゃんが可愛い!頑張ってください! (2月5日 23時) (レス) id: 171cb6aee9 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なさ | 作成日時:2020年1月29日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。